節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

年収240万円でエリート?!個人事業者がちっとも儲からず貧乏なワケ

年収240万円でエリート?!個人事業者がちっとも儲からず貧乏なワケ
 個人事業でやれる商売は基本的に、店を構えるか、請負作業くらいのものです。「数は力」の論理を活かして、顧客数を増やしストック収入を作ろうとしても、個人事業であるがゆえに自分の手数が限られているため、「安売り・長時間営業・人海戦術」に陥りやすい傾向を持っています。結果として個人事業者は、年収で240万円あればエリートと言われるくらい稼げていないケースが多いのです。

個人事業者は貧乏〜240万円あればエリート?

 今日は個人事業者が貧乏になる理由というのをお話しします。

 実はみなさんの周りでも、意外と個人事業主って稼げてないよね、っていうケースを良く見ると思うんですよ。

 というのも、個人事業主は普通のサラリーマンの方に比べたら現金収入は…つまり、残るお金は意外と少ないんです。

 今、自営業とかフリーランスという人は、日本では「大体1千万人くらいに増えた」みたいに言われるんですけれど、チョットね〜それちょっと煽り過ぎじゃないかって思うんです。

 たとえば、今日は月収20万円って出してみましたけれど、この”月収20万円”って、いわゆる自称自営業・自称フリーランスの人なんて絶対いきませんよ。

 というのも、月収20万円で年収240万円の人たちっていったら、自営業とかフリーランスの人の1割くらいですよ。

 みなさん驚かれると思います。「え?チョット待って。たかが年収240万円もいかないの?」って。

 いや、そうなんですよ。全体で考えると、その自称自営業・自称フリーランスの人が多すぎてね〜、実際はもっと少ないんですよ。本当に。

 上限として、個人事業者系で行けるのは年収2千万円そこそこです。

 マックス3千万円稼いでいる人を見かけましたが、天才的でしたし、当然ですが法人化しました。

 普通は年収2千万円稼いだらヘトヘトで死んでしまいます(笑)。ですからここがアッパーなんですよ、大体が。

 それくらい逆に言うと240万円でも狭き門というか、本気でちゃんとやらなかったら、年収240万円もいかないっていう現実があります。

個人でやれる商売は店か請負作業がせいぜい

 あと個人がやれる商売っていうのは基本的に、店でお客さまが来るのを待っているか、請負作業しかないです。

 請負作業の場合でも個人の場合は、建設・工事の請負で現場へ行くっていうのがありますね。

 あとはうちのお客さまの個人事業主だったら、弁護士さんそれから設計士さん…あとはお医者さん。

 お医者さんは基本的に”待ち(店舗)”に近くて、弁護士さんや設計士さんは”請負”の方に近いですね。

 基本的にこの”待ち(店舗)”の方はずっと店を開けとかなきゃだめですね。

 ですから、お医者さんなんかも「完全週休2日制」なんて取れないんですよ。

 ところが”請負”の方は「完全週休2日制」が結構取りやすくてですね、どっちが給料が高いかというと平均給料は絶対”請負”の方が高い。

 請負の方が給料が高くなるという傾向があります。

 やっぱりね、店はやり方を間違えると本当に最悪ですから、店でうまくいかせようと思ったら、まずは「ひとりでできる店」にする。

 ひとりでできる店で、本当のこじんまりした店でやった方が実は潰れにくいです。

商売で楽したいならストック収入が必要になる

 それから1番やっちゃいけないのは、「ちゃんと美味しい料理を提供しよう!!!」なんてことです。

 体壊しちゃうんで、ちょっとね。。もっと楽そうな商売が良いですね。

 というのも結局、商売の基本というのは、ストック収入という毎月の月額固定みたいな感じのものを作っていかないといけないんです。

 これさえ作ってしまえば、基本的には潰れないですよ。

 その上に”一発系”のフロー収入があってくれれば、なお良し!って感じでね。

 まず、ストック収入の部分でどう黒字化するかっていうふうに考えていくんですね。

 そうするとストック収入っていうのは、逆に払う方から考えると…例えば「スマホ代」にしましょう。

 スマホ代は大体毎月8千円くらいなんだけれど、たまたま今月は使うことが多くて50%多く使っちゃって、請求が4千円高くて1万2千円だった。

 「随分使ったな〜(泣)」って感じでね。

 これ受け取る側からすると、ストック収入8千円に、その多く使ってくれた4千円が上乗せされて1万2千円の収入になる。

 ストックが8千円・フローが4千円、ということになるわけですね。

 商売する側は受け取るふうで考えますから、月額の固定費…自分たちが払っている家賃とか水道光熱費、人を雇っている場合は人件費もですね、これをストック収入で補ってしまおうっていうように普通は考えます。

個人事業レベルではストック収入が作りにくい

 ところが、これを個人事業レベルで、ストック収入をどう多くしていくかというと、結局はね、お客さまの数なんですよ。大体が。

 「数は力」って感じで、とにかく数を増やしていく。ガンガンね!

 そうするとポートフォリオ理論みたいなものができて、要するに「安定化」するんですね。

 それが常々固定客になっていき、その結果、ストック収入になっていくっていうことで、顧客の数をどんどん増やしていかなくてはいけないっていうことを、そもそも知らないんです。個人事業者の方の多くは。

 ところが法人はね、経営学として「数は力なり」だから、まずは取引先をガァーッと取らなきゃいけない。

 そうしないと潰れやすいんですよ。下請けは。

 統計的にも下請けっていうのは圧倒的に潰れやすいから、自分たちが自らの力で本当に生き残っていくには、顧客を分散しなくてはいけない。

 顧客の分散っていうことは、とにかく数をガァーッと取らなくてはいけないってなるんですね。

 じゃあ数を取るために、待ち型の商売だったらどうするかっていうと、必ずね、必ず空いている時間は安売りして、何かしら売上げを上げようとします。

 これは、客数を増やそうとしているのではないんです。ただ単に売上げを上げたいから安売りをして、空いている時間でなんとかお金を稼げないかっていう考え方ですね。

結果、「安売り・長時間営業・人海戦術」に…
次のページへ >>

2018年3月5日

人海戦術 長時間営業 安売り ストック収入 完全週休2日制 貧乏 フリーランス サラリーマン 個人事業主

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。