節約 社長
島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

多くの中小経営者が無条件に放棄している中小企業にとって最大の特権

多くの中小経営者が無条件に放棄している中小企業にとって最大の特権
 大手企業が持っておらず、中小企業が持っている最大の特権、それは顧客選択権です。中小企業はターゲットを明確に狭く絞り込んでも、利益率さえ確保できれば、少量生産・少量販売の形を取ることで、商品やサービスの質を高め、相手に喜んでもらえる商売を実行できます。顧客選択を上手に行えば、発信するメッセージも明確になり、ミスマッチが一層無くなります。

多くの中小経営者が無条件に放棄している中小企業にとっての最大の特権

 多くの中小経営者が無条件に放棄している中小企業にとっての最大の特権があります。

 それは、顧客選択権です。

 ご存知のように顧客選択はビジネスの成功を左右する大きな鍵です。

 大手企業は人を多く抱えていますから、幾らターゲットを絞ろうとしても、ある程度までしか絞ることができません。マスなターゲットに対して、大量生産・大量販売しなければ人件費を回収することができないからです。

 対して、中小企業は大手企業に比べて、ターゲットを明確に狭く絞り込んで、少量生産・少量販売する形を取っても、利益率を高めることで採算を合わせることができます。

 にも関わらず、多くの中小経営者は顧客選択の権利を放棄しています。

「お客様を選ぶ」ことは決して傲慢ではない

 「お客様を選ぶ」というと、何か傲慢な考えだと批判する人がいます。

 しかし、ターゲットを決めなければ、自分の商品を本当は欲しくないお客様にも、営業提案する可能性が産まれます。

 相手が欲しいと思ってもいないのに商品やサービスを提供することは、本当に正しいことでしょうか?

 顧客選択をしないということは、相手の財布事情を問わず、とにかくお金に変えれば良いという目先思考な考えであり、かえってこちらのほうが傲慢なのではないでしょうか?

 自分たちの商品やサービスを喜んで買ってくれる人に顧客を絞る⇒ターゲットとして選んだお客様が適正価格で買って満足して喜んでくれる⇒満足しているので感謝してリピートしてくれる⇒感謝に応えたいと更に良い商品やサービスを提供する

 この流れのほうがシンプルな好循環を生みますし、より自分の周りにファンを作ることができます。

 人は基本的に誰かに認めてもらいたい、肯定されたい生き物ですから、感謝されることで従業員も更にイキイキとしていきます。

顧客選択を明確にすると誠意ある情報発信が可能になる
次のページへ >>

2018年3月1日

大手企業 ターゲット 特権 経営者 中小企業 顧客選択

島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。