節約 社長
高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

事業がいつまでも成長しない起業家ほど規則正しい生活に逃げている

事業がいつまでも成長しない起業家ほど規則正しい生活に逃げている
 ロケットが上昇する数分間で必要とする燃料は、その後何十日、何万キロと宇宙を飛行する際に必要とされる燃料に匹敵します。同じようにビジネスを0から立ち上げ、1に持っていこうとする際には、膨大なエネルギーと労力が必要とされます。にも関わらず、低調なままの経営者ほど規則正しい生活を口実に、この現実から目を背けていることが多いものです。

ロケットが一番燃料を必要とするのは大気圏突破前の上昇時

 以前、アメリカのNASAへ行った時に、こんな興味深い話を聞きました。

 ロケットが上昇する数分間で必要とする燃料は、その後何十日、何万キロと宇宙を飛行する際に必要とされる燃料に匹敵するのだそうです。

 ロケットの部品や設計も、上昇する時の負荷をベースに設計されています。

 もし上昇に耐えきれる設計を考えなければ、ロケットの値段はもっと安く、何分の一の予算で作れると言います。

 自動車の発進時、パソコンの起動時もそうですが、0から1になる時、つまり始動時には、物凄く大きなエネルギーが必要とされます。

事業が低空飛行のままの人は大抵規則正しい生活を送っている

 これは私達のビジネスでも同じことが言えます。

 なかなか事業を成長させられない、ずっと低空飛行のままにしている起業家は、大抵が共通して規則正しい生活を送っています。

 なぜだろうと考えた時に、規則正しい生活をしている人は、負荷がかかっている勝負どころの段階で無理をしていません。

 起業して食えるようになる、次のステージへ向かう、これらの壁を突破するには、大量のエネルギーを使い、猛スピードで多くの仕事をこなさねばなりません。

 安定している平時とは違い、起業した段階、0から1を作る段階は非常時です。大量のパワーが求められます。

 勤めていた頃と同じような仕事をしているのは、ロケットで言えば大気圏へ自動車や自転車と同じスピードで突入しようとするのと変わりません。

 負荷がかかった状態でビジネスを離陸させるには、膨大なエネルギーを費やし、フルアクセルで踏み込んでスタートダッシュを決めなければなりません。

フルアクセルを踏んで日夜仕事にあくせくする。そんな時間も最初は必要なはずだ。
次のページへ >>

2018年2月28日

ロケット NASA 低空飛行 低調 規則正しい 起業家 生活

高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。