節約 社長
島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

起業初心者が絶対に手を出してはならない4つのビジネスモデル

起業初心者が絶対に手を出してはならない4つのビジネスモデル
 起業時にどんな業界を選択するかはとても大事ですが、同時に、どんなビジネスモデルでその業界へ挑もうとするかも大事なことです。これから起業しようとしている、絶対にビジネスで成功するんだと意気込んでいるなら、安易に手を出してはいけないビジネスモデルが4つあります。島倉さんの解説です。

ビジネスモデルうんぬんの前に起業すべきではない2タイプ

 今日は、これから起業しようと考えている人向けに、「起業家が絶対に手を出してはいけない4つのビジネス」というテーマでお届けしたいと思います。

 まず先に話は逸れますが、私のところに最近ご相談に来た方で、2つの嫌なタイプの方がいたのでご紹介します。起業しちゃいけないタイプの人です。

 1人目は「これ、儲かりますか?」と言ってきた人、

 「これ、儲かりますか?」って、ぶっちゃけわかりません。わかっていたら、私が先にやります。

 コンサルタントの私に出来るのは、儲かりやすくビジネスを組み立てること、アドバイスを与えることだけです。実行してみないと何もわかりません。

 こういう人は大抵何もやらないままで儲かりません。大事なのはやるかやらないかです。彼も無言のまま、私の元を去りました。

 そして、2人目は「何をやってよいのかわかりません」と言ってきた人です。

 私も何をあなたがやったらよいのかわかりません。宗教じゃないんだから、真理はやった先の現実、結果だけです。

 経営は決断の連続です。自分でやることも決められない人が、ビジネスで成功するなんて土台無理です。

 この段階でつまづいている人は、最初からビジネスなんて始めないほうがよっぽどマシです。

起業初心者が絶対にやってはいけない4つのビジネスモデル

 話を戻します。

 これから起業しようとしている、絶対にビジネスで成功するんだと意気込んでいるなら、絶対にやってはいけないビジネスが4つあることを、今日は知っていただければと思います。

 それは、
  • 1)初期投資が大きなビジネス
  • 2)在庫を抱えねばならないビジネス
  • 3)粗利が低いビジネス
  • 4)リピートがないビジネス
 上記4つのビジネスです。以下、詳細に説明します。

1)初期投資が大きなビジネス

 やたら設備投資が必要なビジネスは、初心者が絶対に手をつけてはなりません。

 政府系金融機関からお金を借りたり、自分の貯蓄を集めて、初期投資したがる人がいます。

 たまに、お金を突っ込めば儲かることがあるんです。でも、それで儲かることって1,000あったら1も無いです。

 インターネットでたまに、◯億円投資を受けた◯◯社!みたいなニュースがあるじゃないですか。

 あれ、ほとんど儲かってないですからね。

 私はあくまでも儲けたい人に向けてお話しているのですが、一度投資したら、そこから先は無理くりでも収益を上げないといけなくなります。

 でも、大抵は焦って、それができないまま潰れるのが関の山だったりします。

 初期投資がなくてもビジネスとして成り立たないなら、はじめからやらないほうが良いです。

2)在庫を抱えねばならないビジネス

 初心者は、在庫を抱えなければならないビジネスも、なるべくやらないほうが良いでしょう。

 在庫を抱えることって、単にそれを売らなきゃならないだけではなくて、管理しないといけないんですよね。

 経年劣化の状況を把握したり、盗難にも備えなければなりません。

 それから、在庫の管理には人がいる、適正に在庫管理するためにはシステムも構築する必要がある。

 でも、一旦ビジネスを始めたら、そんな余裕はほとんどないはずです。在庫を抱えるにせよ、小規模で「売れながら」リスクを取る必要があります。

3)粗利が低いビジネス

 粗利が低いビジネスもやらないほうが良いでしょう。

 売上=数量✕単価

 これがビジネスですよね。

 単価が低い、粗利が少ないビジネスは、数量をさばかないと儲かりません。

 100円のチョコを10,000個売るか、1万円のチョコを10個売るか、どちらが起業初心者にとって楽かというと後者です。

 単価が高くて、少ない数量でも、売れれば成り立つビジネスをやったほうが、ビジネス初心者には得です。

 なぜなら、起業当初はブランドが無いので、顧客は誰もあなたのことなど知りません。だから、沢山売るという状況を想定するのは現実的ではありません。

 でも、1万円の商品であれば知名度が無くても、頑張れば10人には売れる。こちらのほうが実績とともに利益を稼ぎ出せるようになります。

4)リピートがないビジネス

 リピートがないビジネスも起業当初に選択すると、あまり良いことがありません。

 売り切り商売は、ひたすら新規のお客さんを取らなければならないので、せわしなく動かねばなりません。

 定期収入があるビジネス、会員制のビジネスから考えたほうが、精神衛生上も絶対に良いです。

 毎月、計算できるお金が入ってくることほど、経営者の精神を安定させる材料はないからです。

 いかがでしょう?

 もし、これからビジネスを始めようとしていて、これら4つのうち1つでも当てはまるものがあれば、そのリスクを減らすことをまず考えたほうが良いです。

 4つとも全部当てはまるなら、最初からそのビジネスには手を付けないほうが良いでしょう。


 

2018年2月27日

起業 ビジネスモデル 在庫 リピート 粗利 初期投資 失敗

島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。