節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

【キミアキ厳選】松岡修造の名言9選「僕が偉そうに話していることは…」

【キミアキ厳選】松岡修造の名言9選「僕が偉そうに話していることは…」
 松岡修造さんは昭和42年11月生まれ、なんと今年50歳になります。日本一の熱い男であり、「日本から居なくなると日本が寒波や豪雨に襲われる。」と言われる晴れ男のアツい名言を、キミアキ先生が9つセレクトして紹介してくれます。

松岡修造さんはなんと昭和42年11月生まれ

 ”僕が偉そうに話していることは全て、これまで僕ができなかったこと”

 これは松岡修造さんの言葉です。

 私と松岡修造さんは年齢が近くて学年的には一緒なんです。

 松岡修造さんは昭和42年11月生まれ、私は翌年の昭和43年2月生まれで学年は一緒です。

 ちょうど50歳なんですが、わっかいですよねぇ、松岡修造さん。

 ちなみに我々の学年は人数がとても多いんです。

 というのも我々の1学年前が”丙馬(ひのえうま)”といって、この年に産まれた女性は気が強くて、旦那さんを食い殺す(笑)みたいな言い伝えがあって、その反動で我々の学年は人数が多いんですね。

 まぁ共通点は学年が一緒というだけで、他には全く無いんですが(笑)。

 そんなこんなで、今日は松岡修造さんの名言・格言をちょっとまとめてみました。

キミアキ先生が厳選する松岡修造の名言9選

1)”真剣だからこそ、ぶつかる壁がある。”


 真剣になればぶつかる壁があるのは当然だよねって。いかにも松岡修造さんらしい言葉です。

2)”勝ち負けなんか、ちっぽけなこと。大事なことは、本気だったかどうかだ!”


 勝ち負けにこだわることっていうのもたくさんありますけれど、本気でぶつかっていたかどうか。

 我々の経営も同じですよね。

 勝ち負けというのもあるんだけれど「本気」だったなら、まずそこで第一段階の「勝ち」だったんだって私も思います。

3)”ベストを尽くすだけでは勝てない。僕は勝ちにいく。”


 私はよくお客様の社長さんがたと作戦を組む時に、この言葉をけっこう思い出すんですよ。

 要するにベストを尽くすだけでは勝てないから、勝ちにいく作戦を組まないといけないよねって。

 努力の方向性は、やっぱり勝つ方向じゃなきゃいけないよねって、この言葉を頭に思い浮かべながらやることがあります。

4)”崖っぷちありがとう!最高だ!”


 全ての作戦が上手く行くとは限らないし、やはり崖っぷちなんてしょっちゅうやってきますからね。

 崖っぷちありがとう!最高だ!って(笑)、なんでもポジティブシンカーで行く!っていうのも、まぁ〜………、ありと言えば有り!だなと(笑)。

5)”一番になるっていったよな?日本一になるっつったよな!ぬるま湯なんかつかってんじゃねぇよ、お前!!”


 これはね、一応は派生がけっこうあるんですけれど、基本的にはこれで大体合っているんじゃないかと思います。

 ぬるま湯系ですね。要するに「日本一になるって言ったのに、お前それで良いのか」って。

 これは実際に、我々も小さな世界で1番になっていかなきゃいけない、っていう現実がやっぱりあるんですよね。

 そんな中で、ぬるま湯つかってて、本当に1番になれるのかって。本当に反省させられますね。

6)”もっと熱くなれよ!熱い血燃やしてけよ!!人間熱くなったときがホントの自分に出会えるんだ!!”


 我々なんかも、人間ピンチになったときがホントの自分に会える時だ!ってね(笑)、そんな感じで思ってます。

 自分が自分との出会いの中で「俺こんなにピンチだったのに、これを跳ね返す自分に出会えたんだ!!」みたいなこともあります。

7)”人の弱点を見つける天才よりも、人を褒める天才がいい。”


 人間てね、ひとの悪いところがいっぱい目につくわけで。

 あれは多分、ホンダかどこかの幹部研修だったと思うんですが、たしか工場へ連れて行って、その幹部連中に「この工場の悪いところを100箇所見つけろ」みたいなね、そういうのから始まるらしいんですけれど。

 やっぱり弱点を見つけたり悪いことをを見つけるっていうのは、比較的簡単だと思うんですよ。

 だけれども、やっぱり人を褒める天才がいい、人のいい所を伸ばしていく天才がいいってね、私もそう思います。

8)”君が次に叩く1回で壁は打ち破れるかもしれないんだ!”


 これは松岡修造さんの、「100回叩くと壊れる壁があっとする、ところがみんな何回叩けば壊れるか分からないから、90回まで来ていても途中であきらめてしまう。」っていう格言があるんですが、それに似たものですね。

 君が次に叩く1回、もう1つ何かをすることによって、自分が打ち破れないと思っていたものが打ち破れるかもしれない、とにかく続けてみようぜって。

 だけれど、これはどうやって続けて良いかっていうと、松岡修造さんには”3日坊主OK!”っていう名言もあって(笑)、これにつなげても良いんじゃないかって思います。

 やっぱり期限を設定して、その中で100回やると。

”沈んだままでいるな!太陽は新たな思いのために一度沈んでいくんだよ。”

 最後に9つ目の名言です。

  ”沈んだままでいるな!太陽は新たな思いのために一度沈んでいくんだよ。”

 必ず上がってくるために、1回沈んでいくんだよって。そして”きみは太陽だ!”って続くんです(笑)。

 これと似たような格言で桜の話も出るんですが、桜は精一杯咲いているんだ!と、あそこで精一杯咲いているから美しいんだ!みたいなね。

 そんな感じで、松岡修造さんは本当に日本で1番の応援団だと思います。

 我々も松岡修造さんにはけっこう励まされている人間ですので、これからもたくさんたくさん名言を出して欲しいと思います。


 

2018年1月31日

松岡修造 名言 タナカキミアキ 経営者 仕事 テニス

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。