節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

「わ」ナンバーじゃないベンツSクラスに平日1日9,500円で乗れるサービス「Anyca」

「わ」ナンバーじゃないベンツSクラスに平日1日9,500円で乗れるサービス「Anyca」
 車で出かける一日、その時々の気分に合わせて、お気に入りの車で出かけたいと思ったことはありませんか?様々な車種をレンタカーとして貸してくれる業者は増えたものの、気になるのが「わ」ナンバー。普段使いの車のように、1日限定で、しかもお買い得に、「わ」ナンバーを気にせず、乗りたい車に乗れたら最高ですよね。そんな願いを叶えてくれるカーシェアリングサービス「Anyca」をご紹介します。

高級車をレンタルする時に気になる「わ」ナンバー

 車で出かける一日、その時々の気分に合わせて、お気に入りの車で出かけたいと思ったことは無いだろうか?

 たとえば彼女とのドライブならレンジローバーやテスラ、大勢の友人と出かけるならVクラスかヴェルファイア、一泊二日の出張に行くなら走り屋気分でGT-Rといった具合に、次々と色んな車に乗れたら、きっと車に乗ることはもっと楽しくなるはずだ。

 もちろん、今ならこれら様々な車種をレンタカーとして貸してくれる業者はたくさんいる。

 ただし、お気に入りの車が借りられたとしても、その日乗るレンタカーに必ずついてくるものがある。「わ」ナンバーだ。

ポルシェに1日1.5万円で乗れるシェアリングサービス「Anyca」

 乗るのはその日限りだけれど、どうせお金を出してお気に入りの車に乗るなら、「わ」ナンバーの呪縛から解き放たれたい。

 そんなふうに考える車好きの方におすすめしたいのが、「Anyca」である。

節約社長
「Anyca」

 Anycaはネット上で、一般オーナーが自分の所有する車を、条件が合う一般ユーザーに貸出してくれるCtoCのカーシェアリングサービスである。

 Anycaに登録したオーナーは価格・受け渡し場所・貸し出せる日などの条件を自分で設定することができ、アプリ上で条件があえばユーザーは対面またはスマートデバイスで車を受け渡してもらうことが可能だ。

 Anycaは成約時に取引額の10%を手数料として受け取る仕組みとなっている。

 2017年時点の登録台数は3,500台以上、会員登録数は9万人を超えた。

 特徴的なのが車種が豊富で、一番登録数のある車種がBMW3シリーズであることからわかるように、都市圏を中心に「クルマ好きで高級車は持っているものの、毎日は乗らない」オーナーの登録が多いことだ。

 従って、冒頭でお伝えしたような車が首都圏ならば、ほとんど揃っている。

 価格も中間フィが省かれたことにより、一般的なレンタカーを借りるケースより安く、オーナーによっては相場の半分以下で車を貸してくれる場合がある。

 たとえば、ベンツSクラスでも平日なら1日9,500円から貸し出してくれるオーナーがいるし、プリウスなら2〜3,000円代で貸し出してくれるオーナーが多い。

保険も自動加入する仕組みでトラブルにも対応

 気になるのが事故を始めとするトラブルだが、これら万が一の際についてもAnycaなら安心できる。

 まず、Anycaを使う際は、カーシェア予約と連動して、東京海上日動が提供している1日自動車保険にドライバーが自動加入するシステムとなっている。保険は価格にオンされているので別途支払う必要がない。

 また、Anycaの使い方がわからなかったり、ユーザー間のトラブルになってしまう場合に備え、運営元のDENAは365日無休のメール・電話でのカスタマーサポート体制を用意している。

 今後、スマートデバイスの発達と共に、より一層、同サービスを利用するユーザーが増えそうだ。

2018年1月9日

シェアリングエコノミー わナンバー ベンツ レンタカー シェアリングサービス Anyca

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。