節約 社長
高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

安室奈美恵フィーバーを生み出した心理的トリガー「デッドエンド」とは

安室奈美恵フィーバーを生み出した心理的トリガー「デッドエンド」とは
 2018年は安室奈美恵さんの年になり、その経済効果は200億円から300億円になると言われています。今回のアムロズフィーバーを生み出した背景には、大衆の経済行動を促す大きな心理的トリガーがはたらいています。それは、引退の期限を明確に提示することによる「締め切り(デッドエンド)」の効果です。マーケティングにおいて「締め切り」は欠かせない武器です。

2013年は安室奈美恵の年。経済効果は2〜300億円!

 最近のコンサート、チケット予約がまぁ面倒くさいですよね。

 おそらく転売を防止する意味合いが強いと思うんですけれども、同伴者も全員が会員登録しなければいけないとか、まぁ面倒くさいです(笑)。

 でも私、昨日やりきりました!国民的歌姫の最後のコンサート、安室奈美恵さんのコンサートチケットを当てたんです。

 先週、紅白歌合戦に出場することも決定しましたが、非常に大きな話題となりましたよね。

 おそらく、2018年は安室奈美恵さんの年になると言われ、その経済効果は200億円とも300億円とも言われています。

 先日発表されたベストアルバムも予約だけでミリオン達成ですから、その勢いは凄まじいものがあります。

アムロズフィーバーを産んだ心理的トリガー「締め切り(デッドエンド)」

 さて、今回のアムロズフィーバーを生み出した背景には、ある大きな心理的トリガーがはたらいています。

 安室奈美恵さんフィーバーが起こったのは、今年彼女が、沖縄のコンサートで突然の引退、それも2018年いっぱいの引退を発表したことに端を発します。

 そうです。彼女が「締め切り(デッドエンド)」を明示したことで、ファンが行動を起こしたのです。

 このデッドエンドは、人の行動を促す上で最も強い心理的トリガーだと言われています。

 マーケティングの格言でこんな言葉があるのをご存知でしょうか?

  「デッドエンドのない広告の行く末は“デッド”」

 締め切りが無い広告の効果は著しく弱くなる、広告が死んじゃうよーと言っているわけです。

 また、あるマーケッターは、こんなことも言っています。

  「締め切りこそが人類最大の発見である。」
 
 人というのは残念ながら怠け者にできていて、締め切りが目前にならないとなかなか動き出すことをしないわけです。

 この状態は別名「学生症候群」とも呼ばれていて、学生も休みの最後になったり、試験直前にならないと必死に勉強しませんよね。

 直前になったらやたらと生産性が上がって勉強するというのは、みんな同じ、というわけです(笑)。

貴方の広告にも「締め切り(デッドエンド)」を設けよう

 今回のアムロズフィーバーと言われる社会現象は、「締め切り(デッドエンド)」が希少性を生み、みんなが動き出したわけですよね。

 そして、みんなが動き出したことが「社会的証明になり」、より沢山の人が動き出した、これがアムロズフィーバーの正体です。

 もちろん、安室奈美恵さんのこれまでの音楽実績、作品の素晴らしさあってこそのフィーバーですが、人が経済行動を起こす心理は大なり小なり同じようなメカニズムで起きます。

 貴方の広告には締め切りが記載されていますか?

 必ず確認してくださいね。


 

2017年12月28日

沖縄 2018年 紅白歌合戦 マーケティング デッドエンド 締め切り アムロズフィーバー 安室奈美恵

高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。