節約 社長
宇田 和志
宇田 和志ブログのかお(ユーチューバー)

ホームページ

ホームページを改善して人を集める?そもそもアクセスが少ないと全く意味無いよ。

ホームページを改善して人を集める?そもそもアクセスが少ないと全く意味無いよ。
 「どうやったらホームページから売れるようになるんだ?」貴方と貴方の会社のメンバーは長い時間をかけて考え、デザインだ!文章の改行だ!と熱を込めて議論し改善策をアウトプットします。しかし、全く意味がありません。結果が出ません。なぜなら、それは人のいない場所で妄想しただけの、ただの自己満足、ムダな作業だからです。

一生懸命ホームページいじって最後は放置

 今日は、「今のあなたに必要なのはページの改善ではなくアクセスとテストでは?」というテーマでお送りいたします。

 私達はネット上で自社の商品やサービスを販売する目的で、ホームページやブログ(以下、ホームページ)を運営しています。

 今や多くの企業がホームページの製作と運営に力を入れ、折々でデザインやパーツ、文言(記事)の改善を繰り返すようになりました。

 しかし、改善対策をどれだけ行っても、殆どの企業はホームページがきっかけで「売れた実感」を持てていないのが現実です。

 「ウェブなんて売れない」と捨て台詞を吐いて、ガラクタホームページだけをウェブ上に残骸として放置する会社がなんと多いことでしょう。

身内の頭で考えるホームページ改善はただの自己満足

 失敗に終わるホームページ改善がどのように行われているかというと、殆どは社内や関係者の頭の中でグルグル考え、その結果をごちゃごちゃと打ち合わせし、デザインやパーツ、文言(記事)の訂正でアウトプット、という形で行われています。

 結論から言うと、自分の頭の中だけで行われる、または身内との相談だけで行われるホームページ改善は、ただの自己満足に過ぎませんから全く意味がありません。

 なぜ自己満足なのか?なぜ、それでは売れないのか?その理由はとても簡単です。

 アクセスが無いから、人が見に来てくれていないから売れないんです。

 アクセスもないのに、ヘッダーとかコンテンツとか、そんなテクニカルな部分の改善を考えても何一つ貴方の会社はネットで売れません。

 1日に数人、数十人程度の人が貴方のホームページに来るのがいいところではありませんか?

まずはアクセスを十分に集め、そしてテストせよ。

 では、ホームページを改善したいのならどうすれば良いのかというと、「まずはアクセスを十分集めたうえで、テストする」必要があります。

 最初は力づくの集客を行うため、少額の投資が必要でしょう。

 SNS広告、PPC広告、それからYouTube広告といった広告を打って、100人単位のお客様に貴方のホームページにアクセスしてもらってください。

 言っても、これらの投資は日額で数百円〜数千円単位から始められます。

 しかし、1日やるだけでは不十分です。

 ある程度、たとえば10日間から1ヶ月くらい継続的にアクセスを集めて、顧客の動きを時系列データとして獲得する必要があるからです。

アクセスデータの中にホームページ改善の答えがある

 では、強引に10日間アクセスを集めて、そのトータルの人数が1,000人だったとしましょう。

 ところが、お問い合わせやリアクションが何一つ無く、商品が1つも売れませんでした。

 でも、これで良いのです。ようやくホームページを改善するヒントが見つかるようになったからです。

 グーグルアナリティクス(アクセス解析ソフト)を見ると、50%の人がトップページに訪れていて、その後の平均滞在時間が5秒しかなかったとします。

 この時に、「もしかしたら、ヘッダーが行けないのではないだろうか?」「サイトに訪れた第一印象で顧客の心をつかめていなかったのか?」と考えて、サイトを改善しようとすることには物凄く意味があります。

 自分の頭の中で何が悪いのかを「憶測」するより、実際の数値が「お客様の声」として何を改善すべきかを明確に提示してくれている状態での改善だからです。

常にアクセスを集めてテスト。これをグルグル繰り返すだけ。

 更に突っ込んだ具体例で考えてみましょう。

 先ほどと同じ条件(10日間で1,000アクセスを集めた)で、貴方が運営するサーフボードショップのホームページにアクセスを集めたとしましょう。

 手段はPPC広告で、「サーフショップ」という言葉に入札して、グーグルから集客していたとします。

 ところが、平均滞在時間5秒でサイト訪問者が帰っていったというデータが出たとしましょう。

 この際もデータを見て考えられることは、「サーフショップ」というキーワードが本当に自分のホームページに顧客を集める手段となるのか?ということです。

 たとえば、「サーフショップ」という言葉で検索する人は、海のサーフィンが好きな人だけではなく、トヨタ自動車の「サーフ」の情報を探している人も含まれているかもしれません。

 これも、グーグルトレンドというツールを使えば簡単に把握することができます。

 そうしたら、「PPC広告のキーワード設定を変えてみるか」と、数値に基づいた顧客とのベストマッチを目的とするキーワード改善ができるようになりますよね。

 本当にホームページで集客できるようになりたいなら、「まずはアクセスを十分集めたうえで、テストする」これをグルグルと反復で繰り返して、改善を徹底してください。

 アクセスデータに基づく客観的な改善を続けてください。

 テレビや雑誌、新聞などリアルの集客媒体はすり減っていく一方ですが、インターネットで集客できる市場はここ何十年と拡大し続けますから、必ずホームページから貴方の会社は売れるようになります。



2017年10月3日

データ ブログ ホームページ 自己満足 企業 会社 インターネット 集客 アクセス

宇田 和志
宇田 和志ブログのかお(ユーチューバー)

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。