節約 社長
大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

製薬会社が企業買収によって巨大になろうとする2つの理由

製薬会社が企業買収によって巨大になろうとする2つの理由
 製薬大手の英・アストラゼネカが、こちらも日本の製薬大手である第一三共に買収提案をしていると報道されています。世界のメガファーマ(巨大製薬企業)は今、M&Aによりどんどん巨大化しています。なぜ彼らはあくまでも会社の巨大化を目指すのでしょうか?そこには2つの理由があります。

英国アストラゼネカが国内製薬大手の第一三共に買収提案

 製薬大手の英・アストラゼネカが、こちらも日本の製薬大手である第一三共に買収提案をしていると報道されています。

 参考リンク:[特報]英アストラゼネカ、第一三共に買収提案:日経ビジネス

 日本の製薬会社と言えば、武田薬品、アステラス製薬、そして今回の第一三共の3社が大手です。

 ただし、その規模は世界のメガファーマ(巨大製薬企業)と呼ばれるファイザー(米国)、ロシュ(スイス)と比較すれば、1/5〜1/10程度しかありません。

 海外のメガファーマはM&Aによりどんどん巨大化しています。

製薬会社がM&Aにより巨大になろうとする2つの理由

 製薬会社が巨大化を目指すのには明確な2つの理由があります。

 まず1つ目に特許期間の問題を上げられます。

 当然、薬品にも特許期間があり、特に大型製品の特許切れがあると、製薬メーカーは売上を大きく減らすリスクを有しています。

 この売上減を防ぐために、製薬会社は常に新薬を開発しつづける必要があります。

 ただし、これにも多額の研究開発費がかかります。

 従って、どうしても多くの製品を持ち、研究開発を続けられるだけの体力(資金力・人材・資源)が必要となります。

 その結果、M&Aを通した合従連衡が進んでおり、また今後もそれが続くと想定されています。

 これがM&Aにより巨大化を目指す2つ目の理由です。

ジェネリックメーカーはなおさらM&Aの波にさらされる

 メガファーマと呼ばれる海外の製薬会社だけでなく、日本国内の製薬大手も例外ではありません。

 またジェネリックメーカーはまだまだ小規模の企業も多く、こちらは研究開発費はそれほどでもないにせよ、大規模の設備投資をし、良いものを安く提供しなければなりません。

 一方で薬品は許認可も厳しく、簡単に人件費の安い海外で生産もできません。

 よって、国内生産の依存度も高く、より価格競争力が必要になってきます。

 その際には規模がものをいうため、国内においてもジェネリックメーカーの合従連衡も今後、激しく起きてくるはずです。

2017年9月11日

M&A 買収 ファイザー ロシュ メガファーマ 第一三共 アステラス製薬 武田薬品 アストラゼネカ 製薬会社

大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。