節約 社長
宇田 和志
宇田 和志ブログのかお(ユーチューバー)

ホームページ

自社の集客ブログを1日1万人の人に見てもらうにはどんな情報発信が必要?

自社の集客ブログを1日1万人の人に見てもらうにはどんな情報発信が必要?
 ホームページに集客して見込み客を増やすためにブログで情報を発信しているけれど、全然みんな見てくれないな、集客全然出来てないや、もうやめちゃった、こんな方結構いらっしゃいませんか?もしも、集客できてない状態が続いていたり、諦めてしまっているならば、それはどんな情報を発信するべきかを見誤っている可能性が非常に高いです。宇田さんの解説です。

1日に1万人が見てくれるブログと、1日に10人しか見てくれないブログの違い

 今日は、集客のためにブログで情報を発信しているんだけれど、全然みんな見てくれないな、集客全然出来てないや、もうやめちゃった、という方に向けてお話してみたいと思います。

 極端な例で言うと、ブログには2種類あって、ブログを1記事書くと無条件で1日に1万人が見てくれるブログと、1日に10人しか見てくれないブログがあります。

 1日に1万人の人が1記事のブログを見てくれるサイトは、何かアクシデントがない限り、必ずその状態が続くことを確実に計算できます。

 一方で、10人が見てくれるブログは、検索エンジンで数ヶ月、1年、数年かけて1万人以上に見てもらえる可能性はありますが、それは確実ではありません。

 それで、なぜこれほど2種類のブログに違いが生じるのかというと、原因は単純です。

 それは、書いている人も見る人も、全く違うからです。

 1日に1万人が瞬時に見るブログを書く人は、わかりやすく言うと有名人、芸能人です。

 そして、このブログを読む人は彼らのファンであり、「何を書いているか」より、「誰が書いているか」ということに重きを置きます。

 対して、1日に10人しか見てくれないブログは、ブログを書く人は有名人ではなく、読みに来る人は「何を書いているか」を見に来る人、つまり、情報を求めて訪れた人です。

 このように2種類のブログでは、書く人も違えば、読む人も全く違うのです。

見込み客(読者)の母数を増やさない限り集客は出来ない

 だからこそ、1日に10人しか訪れてくれないブログを書く人は、「有益な情報」を提供しなければ、絶対に継続的なアクセスを集められません。

 たとえば、グーグルやヤフーで「節税 法人」と検索して来る人がいたとしたら、そのキーワードで必ず読者の役に立つ「法人のための節税情報」を提供しなければなりません。

 ただ、少しずつとは言え私達は、1日に1万人の読者が見に来てくれるブログを書く人に近づかなければなりません。

 売上をあげるためには見込み客の母数が大きくなければ、いつまで経っても商売あがったりだからです。

 つまり、私達は少しずつ有名になっていって、自分のファンとなってくれる人の数を増やしていく必要があります。

 1万人とは言わずとも、少しずつ数百人、数千人とファン(見込み客)を作る必要があります。

 じゃあ、芸能人みたいにテレビに出なきゃならないの? CMを打つ必要があるの?とか、色々考えるかもしれませんが、そんな必要はありません。

 既に1万人のファンがいる人に出来なくて、自分には出来ることを積極的に行えば良いのです。

1万人のファンが既にいる人に少しずつ近づく方法

 1万人のファンが既にいる人にとっての唯一のデメリットは、「ヘタなことを言えない」ということです。

 ブログの書き手は、今日書いた投稿が、今日1日で1万人の人にすぐ見られるということを理解しています。

 投稿ボタンを押したら、瞬時に1万人の人に見られると理解していますから、ヘタなことを書けば炎上してしまうということを理解してしまうので、無難なことしか書けません。

 無難に無難にまとめようとするので、今日のご飯とか、◯◯の告知とか、そういう面白くないことしか書けない状態です。

 これって、その人のブランドが無くなったら、ただのウザい投稿か、ウザい広告でしかないですよね?

 でも、ファンがいるから成り立っています。

 対して、1日に10人しか見てくれないブログの書き手は、1日に10人しか見てませんから、ある程度自分の書きたいことが書けるんです。

 というか、書かなければファンは増えません。
 
 書いたところで、ヤフーニュースに取り上げられるような炎上なんて絶対に起きないです。(犯罪行為とかはもちろん論外ですが)

 だって、そもそも1日に10人しか見てないんですから。

情報や見識を手元に置いておいても意味がない時代

 ところが、集客ブログのほとんどが何をやっているかというと、今日のご飯、自社サービスの告知のみで、それって1日に1万人が来るブログの人と同じことやってない?という感じですよね。

 でも、読者が求めているのはそんなオナニー情報じゃなくて、
  • 無料でそこまでノウハウを言ってしまって良いの?
  • 同業者が嫌がる業界の裏話(例:自分の属する業界における儲けのカラクリ)
  • 自分の強み(専門性)から見た時事問題に対する見解
 とか、そういうものだったりするわけです。

 どうしても、希少性の高い情報を手元に抱えたままにしたいという思いはあるかもしれないですよね。

 あとは、全く無知な人に、情報の希少性を活用してボッタクっている部分が、どの業界にもあると思うんです。

 ところが、そのラインを超えない限り、どうやったってブログで集客しようとしても、その他大勢に埋没して結果も出ず、やがてブログを辞めることになってしまいます。

 いつまで経っても、無条件で1日に1万人が見てくれるブログを書ける人になれない、もっと言えばファンが出来ないまんまなんです。

 ただ、あなたがやらなくても、インターネットがこの世にある限り、同業の誰かがいずれ必ず情報を解禁して、あなたから見込み客や売上を上げるチャンスを奪っていきます。

 それで、これは早く気がついてやったもん勝ちです。

 情報を隠すことには全然意味が無くなっていて、ヘタなことを言って少し失敗しても、まずは認知を広めることがとても重要な時代になっているということを、ぜひ知っていただければと思います。


 

2017年7月6日

情報発信 集客 ブログ

宇田 和志
宇田 和志ブログのかお(ユーチューバー)

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。