節約 社長
大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

M&Aの相談に行くなら銀行が最強なワケ〜それでも駄目なら…

M&Aの相談に行くなら銀行が最強なワケ〜それでも駄目なら…
 M&Aを検討しているのにアドバイザーがいないなら、まずは銀行に相談してみるのはいかがでしょうか?彼らは、取引先の中から貴方のマッチング先を探してくれますし、融資の交渉にも乗ってくれ、更にはファイナンスのアドバイスも行ってくれるからです。銀行にM&Aアドバイザーとして付いてもらうメリットと注意点をご紹介いたします。

M&Aしたいなら、まず相談すべきはどこ?

 M&Aは、古くから新規事業への参入、事業拡大の手段として、多くの企業に活用されてきました。

 最近では、起業時や事業承継に際しても、M&Aを活用する企業が増えています。

 このように、様々な用途でM&Aを行う企業が増えているため、実務上でも、「M&Aアドバイザーとして、まず最初に相談すべきところはどこか?」、と問われることがよくあります。

 私は、このような際、「銀行に行ってください。彼らとまず相談すべきです。」、とお答えすることにしています。

 そのワケを以下、ご紹介しましょう。

銀行がM&Aのアドバイザーとして最強なワケは?

 M&Aのアドバイザーとして、銀行が最強である理由はとてもシンプルです。

 もしもM&Aの実行を検討する際、銀行は取引先の中から貴方のマッチング先を探してくれますし、融資の交渉にも乗ってくれる、更にはファイナンスのアドバイスも行ってくれるからです。

 彼らは、M&Aアドバイザーであり、ファイナンシャルアドバイザーとしても、御社をフォローしてくれるでしょう。

 しかも融資先の中からマッチング相手を探してくれる場合、誰よりも相手先の財務状況を把握し、経営者の属性もよく知っています。

 これが、M&Aのアドバイザーとして銀行が最強、と私が考える理由です。

銀行がM&Aのアドバイザーとして弱いケースと対処法

 一方で、銀行をM&Aのアドバイザーとする時には、気をつけるべきこともあります。

 たとえば、融資先の中でマッチングができない場合、銀行のアドバイザーとしての立場や発揮できる力は一気に弱くなります。

 当然、融資先でなければ、財務の状況もわからなければ、これまで付き合いのない銀行がやってきて、M&Aやりませんか、と営業をゼロからかけていくのも難しくなります。

 したがって、M&Aの相手先を見つける場合には、まず銀行に相談し、それがダメな場合にM&Aアドバイザリー業務を行う業者へコンタクトをとり、ご自身に合う業者を探すのが一番でしょう。

銀行から紹介されるM&A業者は自分の眼で見極めが必要

 なお、銀行からアドバイザー(業者)を紹介される場合には、相手をよく見て、信頼できる業者なのか、担当者なのかはしっかり見極めをしてください。

 銀行はM&Aアドバイザリー業務を行う業者と提携しており、紹介した業者が売買を成立させると、紹介手数料がキックバックされることになっているケースが多いのです。

 従って、仕組み上で紹介された相手が、皆様にとって本当にマッチした業者ではない可能性もあります。

 こちらはご自身の眼でしっかり見極めてください。私が最重視するのはスピードです。

2017年5月10日

融資先 融資 取引先 資金調達 銀行 金融機関 企業買収 アドバイザー M&A

大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

大原達朗 さんへ問い合わせ

問い合わせ