節約 社長
さかいもとみ
さかいもとみ在英ジャーナリスト

ホームページ

飛行機に乗った後の「マイレージがっかり」を事前に防ぐコツ

飛行機に乗った後の「マイレージがっかり」を事前に防ぐコツ
 幅広い用途に利用できる便利な航空会社のマイレージプログラム。本稿では、飛行機に乗ったのにマイレージが加算されないケース、飛行機に乗った後で自分が思っていたマイレージの加算率より低いケースなど、マイレージにありがちな「がっかり」を、事前に防ぐコツをご紹介します。

使い方色々〜航空会社のマイレージプログラム

 各航空会社は利用客に対し、飛行距離に応じた「マイレージ」を付与し、それを特典航空券などに交換して還元するマイレージプログラムを実施しています。

 日本では「マイルを貯める」という言い方が一般的かもしれません。

 マイレージは、実際に飛行機に乗って得るもののほか、クレジットカードの利用額との連動で得ることもできます。

 さらに指定店での買い物や食事などでも貯めることができますし、日本国内だと電子マネーと連動して、その利用額に応じてマイレージが得られる仕組みも普及しています。

 今日はこの便利なマイレージについてのいろはと、飛行機に乗った後で生じる「マイレージがっかり」を事前に防ぐコツをご紹介します。

マイレージを貯めるためにまず準備すること

 マイレージを得るためには、まずどこかの航空会社のプログラムに入会する必要がありま す。

 一般的には、日本の主要航空会社であるANAとJALが運営するそれぞれのプログラムに入会している人が多いようです。

 このふたつの両方に入会しておけば、世界の半数以上の航空会社での搭乗実績のほか、前述のようなクレジットカード、ショッピング、電子マネー の利用などでマイレージを貯めることができます。

 「日本の航空会社のマイレージ会員になって、どうして世界の航空会社のマイレージも貯められるのか」という疑問を感じる人もいるでしょう。

 世界の航空会社(格安航空会社を除く) は概ね、国際的な航空同盟(アライアンス)のどれかに所属しています。

 現在、世界には次の3つのアライアンスがあります。
  • ・スターアライアンス......ANAが加盟するほか、主要メンバー会社は、ユナイテッド航空、ルフトハンザ航空、シンガポール航空、中国国際航空など。
  • ・ワンワールド......JALが加盟するほか、アメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズ、キャセイパシフィック航空などが属する。
  • ・スカイチーム......日本の航空会社の加盟はないが、デルタ航空、エールフランス、KLMオランダ航空、大韓航空、中華航空、中国東方航空、中国南方航空などが属する。
 同一のアライアンスに属する航空会社の便に乗れば、基本的に自分が加入しているプログラムにマイレージが加算されるようになっています。

 具体的には、ANAマイレージクラブ(AMC)の会員なら、ユナイテッドやルフトハンザでの搭乗分のマイレージを得ることができますし、JALマイレージクラブ(JMB)に入っておけば、キャセイやアメリカンでの実績が加算されるわけです。

マイレージ加入時はなるべくプログラムを絞ろう

 マイレージの「がっかり」で一番多いのが、マイレージが全然貯まらないというものです。

 最大の要因は、自分で無意識にプログラムを分散していることです。

 「搭乗する航空会社の係員に勧められて、そこの会社のプログラムに加入してしまった」という話を聞きますが、このような人は大抵、「後でよく調べてみたら、元々持っているカードに加算できた......」というケースが殆どです。

  搭乗予定の航空会社が決まったら、インターネットの検索などで、マイレージプログラムの名前と搭乗航空会社名を使って調べると、マイレージの加算可否が確認できます。

  ただ、航空会社によって「自社プログラムのメンバーに限り、〇〇の優待あり」といった方法で勧誘を図っているケースもあります。

 筆者が「やむなく他社に加入してしまった」例としては、「自社メンバーなら、荷物が預けられない格安航空券でも受託手荷物代を無料にする」というプロモーションでした。

 こういうケースでは、「該当のフライトを乗った際に得られる、自分が加入しているプログラムへのマイレージ数」を計算して、それとのバランスでどうすると有利なのかを判断すると良いでしょう。

飛行機に乗ってもマイレージが加算されないケース

 つぎの「がっかり」は、マイレージが加算されると思ったのに、加算されない場合です。

 航空機に搭乗した際に得られるマイレージは、必ず実搭乗距離が加算されるわけではありません。

 ビジネスクラスやファーストクラスに乗れば実搭乗距離に加え、ボーナスが25〜 50%加算される一方、エコノミークラスでは、ほとんどのケースで割引運賃で搭乗するため、100%得られることは稀で、たいていは25〜50%にとどまります。

 まったく同一便・同一クラスに搭乗したのに、加算先の航空会社によって加算率が異なることもよくあ ります。

 また、必ずしも「飛行機に乗ったらマイレージが加算される」と言い切れないという問題があります。

 比較的多く遭遇するケースとしては、「パッケージツアーに参加して利用した区間が加算されない」というものです。

 旅行代理店経由で買った格安航空券でもこういった問題がままあります。

 細かく状況を見ていくと、次のようなことが起こるようです。
  • ・団体向け(あるいは格安)料金なので、利用した航空会社のプログラムも含めて、全くどこにも加算されないケース
  • ・団体(格安)料金だが、利用した航空会社のプログラムにのみ加算されるケース
  • ・アライアンスを組む航空会社のうち、特定の会社のプログラムには加算が認められるケース
 これらの加算の可否を確認するには、検索サイトでマイレージプログラム名に続けて「積算条件」「フライトマイル積算」などと入れると当該のサイトにつながるはずです。

 ぜひ、マイレージが加算されるか気になる時は、インターネット検索をかけてみてください。

各社ブッキングクラスによっても加算率は変わる

 また、搭乗前に想定していたよりマイレージが溜まっていないという「がっかり」もあります。

 各社のマイレージプログラムに関するウェブサイトに書かれている「ブッキングクラス」 とは、おなじ座席クラス(例えばエコノミークラス)の中でも販売方法や販売エリア、その他の条件により価格を細かく分けるために付けられたいわば記号のようなものです。

 なお、各航空会社によってどのブッキングクラスが安いとか高いとかといった条件は細かく異なります。

 また、これらのブッキングクラスの都合で座席の場所まで割り当てられることは、筆者の知る限りではありません。

 例外的に加算されない別のケースもあります。

 これは、共同運航便に乗ったところ「実際の運航会社が異なるアライアンスの加盟会社(どこのアライアンスにも加盟していない会社 を含む)だった」というものです。

 実際にこういったケースになった時は、チェックインする際などに状況を確かめるようにしましょう。

2017年4月5日

中国国際航空 シンガポール航空 ルフトハンザ航空 ユナイテッド航空 JAL ANA スカイチーム ワンワールド スターアライアンス キャセイパシフィック航空 ブリティッシュエアウェイズ アメリカン航空 加算率 マイレージ 中国南方航空 中国東方航空 中華航空 大韓航空 KLMオランダ航空 エールフランス デルタ航空

さかいもとみ
さかいもとみ在英ジャーナリスト

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。