節約 社長
島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

地方でネットも使わず億単位の利益をたった2人で稼ぐ人達から学ぶこと

地方でネットも使わず億単位の利益をたった2人で稼ぐ人達から学ぶこと
 「地方で費用を稼げずに儲かるビジネスなんて、インターネットくらいしかない」常識で考えれば納得な意見ですが、地方に行くと実際には驚くほど多くの人が経費をかけずに、インターネットも使わず大きな利益を稼いでいます。彼らは普通の人が面倒くさがるけれど、人に喜んでもらえる、ニーズのあるビジネスをやりきっています。実例と共にご紹介します。

地方でネットも使わず凄い儲かるビジネスって何をやってるの?

 今回は、ある地方を訪れた時に見つけた、凄いビジネスをやっている方を紹介したいと思います。

 今はネット万能の時代、ネットが無いと商売できない時代と言われています。

 でも、全然そんなことは無いです。

 地方でネットを全く使わず、物凄く儲かっている方がいるので、ぜひ知ってもらいたいと思います。

たった2人で経費をかけず1枚の写真を1,000円で500人に売るビジネス

 ある顧問先の社長さんと観光スポットを訪れたときのことです。

 駐車場から観光スポットに向かって道があるのですが、その途中に人が立っていまして、観光スポットへ向かう通行人の写真を撮影しているんですよ。

 観光スポットから帰る途中で、もう一人が道行く人に声をかけ、「いや〜、今回は◯◯へ来ていただきありがとうございました。つきましては、◯◯へ来ていただいた皆様の良い表情を撮影したので、観光地を訪れたお土産としていかがでしょうか?」と来るわけです。

 ボードがありまして、そこに観光客の楽しそうな写真が掲載されています。

 これを、私達も含め多くの人が1枚1,000円で、ついつい購入していっちゃうんです。

 写真が一日に何枚売れるのかというと、なんと平均して500枚売れるんだそうです。

 休日はなんと800から1,000枚売れると言います。

 低く見積もっても、1日50万円分の販売額となるわけですが、単純に1月で20日間働くと1,000万円分の写真を販売していることになります。

 当然、祝日が入りますから、これ以上に稼いでいると。

 インターネットを全く使わず、カメラ、ボード、プリンターだけを使って、2人でやるのだそうです。凄いですよね。

面倒くさいことをやりきっているから億単位で稼げている

 たしかに、歩く人達の中には、「勝手に写真を撮らないでくれ!個人情報保護に気を遣ってないじゃないか!」ってクレームを受けることもあるらしいです。

 でも、押し売りはしませんから、興味が無いなら立ち去ってもらうだけのことです。

 そのような人達以上に、高齢者の団体バスツアーを中心として、写真を喜んで買っていく人が多くいらっしゃると。

 みんな写真を撮られる時に自分からポーズを取って、帰り際に何枚も購入していき、もはや長蛇の列ができるほどです。

 ここまで読んで、「なんだ、大したことやってないじゃないか。」「かっこわるいじゃないかよ〜。」って言われるかもしれませんけれど、1月に1,000万円から1,500万円をたった2人で確実に稼いでいます。

 ほとんどコストを掛けずに、2人だけで年間に億単位稼いでいるって言われたら、びっくりですよね。

 何がポイントかというと、彼らは「地方ならでわ」の人が集まる場所で、他の人がやっていないこと、面倒くさいこと、だけれどニーズのあることをきちんと見つけて、それを実行しきっているということです。

 インターネットなんか使わずとも、こうして稼いでいる人はいるわけです。

 今回、特定のビジネスをご紹介したのは、その人達のマネをしてほしいと言うわけではありません。

 これくらい面倒くさいところで、人に喜んでもらえることを見つけて実行すれば、まだまだネットなんか使わずとも、儲かるビジネスは幾らでもあるという話でした。


 

2017年3月22日

儲かっている 地方 利益 営業

島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

島倉大輔 さんへ問い合わせ

問い合わせ