節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

「4行日記」をご存知ですか?気づきの継続で人材を活かし億った企業も!

「4行日記」をご存知ですか?気づきの継続で人材を活かし億った企業も!
 中小零細企業の長所は、裏方も含めたチーム全員がお客様に近いところで仕事をしていることです。お客様からいただいた気付きを全員が活かせるなら、飛躍的な業績アップも夢ではありません。そこで本稿では、気付きを得る習慣を作るのに役立つ「4行日記」を、キミアキ先生が紹介してくださいます。

4行日記の振り返りは黒字化を助ける有効手段

 今日は4行日記で気づきを与えるというテーマでやってみたいと思います。

 「4行日記」を知っているという方はいらっしゃいますか?

 「もしくは自分やってる!」とか、「実は従業員さんにやらせているよ!」とか、いろいろあるかと思いますが、本当に4行で済んじゃうんです。

 1日を振り返って、「事実」「発見」「教訓」「宣言」の順に1行ずつでまとめ、最終的に4行の日記にするだけです。

 中には、3行の人もいれば、2行の人もいます。

 それくらいの行数で、毎日毎日繰り返し、自分が1日やった事や気づいたことを振り返ることを、黒字会社さんはやっています。

チームで稼ぐには全員が「考える」チーム作りが不可欠

 と言いますのも、万年黒字社長は基本的に従業員さんのことを、とても大切にします。

 万年黒字社長がなぜ従業員さんのことを大切にするのかというと、従業員さんたちが利益を与えてくれることを知っているからです。

 いくら万年黒字社長でも利益を与えてくれない、そんな要らん人材のことは大切にしませんからね。

 じゃあ、その利益を与えてくれる従業員を選ぶ時ですが、万年黒字社長というのは、基本的に採用に対してとても慎重です。

 そこで考えるのが、やはり利益をちゃんと与えてくれる従業員だろうか?っていう事でして、採用の時点でしっかりと見極めます。

 特に今は、正社員さんのコストが上がって時給にすると、3千円くらいかかるわけですよ。

 そんな中で「手が足りない!」「手が足りないっ」って、作業員に本当に正社員を当てないといけないのか?ってなったときに、作業員にそんな時給3千円なんて払ってられないわけですよ。

 時給千円のパートさんと実は同じような作業しか出来ないのに、正社員という地位で時給3千円かかってしまう。

 特に正社員の採用は慎重に選ぶ傾向があります。

 そして、小さくても強い会社の特徴として、「チームみんなで稼いで、チームみんなで分ける」 という考え方が、チーム全体で文化として浸透しています。

 まずチームで稼がなくてはいけないから、うちらのチームには稼げない奴は要らないって。

 要するに、「常に考えるメンバー」でチームを作りたい時に手っ取り早いのが、4行日記などを使った「考える」習慣作りなんです。

4行日記は気付きの習慣を作るきっかけツール

 4行日記の良いところは、「事実」「発見」「教訓」「宣言」みたいなことを、短く1行ずつ書くだけで簡単だということです。

 最近起こった事とかを書くんですが、私の場合を例としてやってみましょうか。
  • 「事実」:鈴木社長から1億円の融資がおりたと、電話がかかってきた!
  • 「発見」:社長さん方は融資がおりるととても喜ぶ!異常なほど喜ぶ!
  • 「教訓」:融資付け最強伝説!
  • 「宣言」:融資に圧倒的に強いコンサルタントになる!!
 みたいな、4行日記っていうのはこんな感じで良いわけですよ。適当に気づきを書いていくんです。

 実は私自身も4行日記では無いんですが、目標をまずパーンッと立てます。

 これは4行日記の「宣言」にあたるところですね。目標を宣言するんです。

 それから日々いろいろやっていて「気づき」があって、これは4行日記での「発見」にあたります。

 そして気づきがあった時は、必ず組み合わせて「次の行動」を取るという宣言をします。

 ですから私は「発見」と「宣言」だけをやっているっていう感じですかね。

 私の場合は、けっこう宣言だらけなんですよ(笑)

 次の行動に必ず移す宣言をするというのは、私はコーチ業でもいつも実践しています。

 だいたい1ヶ月間で出来るような宿題を社長さんへ出すんですが、これはお話を聞きながら、気づきが自分の中であって、じゃあこの行動を社長に取って欲しいっていう時に、次の行動の宿題を出しています。

 私自身でも4行日記のようなことをやっているし、私がコーチしている社長さん方も、結局同じような形でやっている。という種明かしでございます。

 それから「事実」「発見」「教訓」「宣言」のうち、私が重視しているのは、「発見」と「宣言」です。

 これを非常に重視しています。

 私は4行日記が完全な形とは思っていなくて、なんでも良いから、とにかく書いてみることをお勧めしています。

 1番大事だと思うのは「気づき」です。

 もちろん気づきがあって、そしてその気づきの後にちゃんと行動していく!

 そこが私は1番大事だと思っているので、あまり「事実」「発見」「教訓」「宣言」の型にこだわらない方が良いと思います。

中小零細のメンバーはお客様に近い分、気付きを活かしやすい
次のページへ >>

2017年3月21日

黒字企業 4行日記 教育 零細 弱小 中小企業 気づき

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

タナカキミアキ さんへ問い合わせ

問い合わせ