節約 社長
谷口 孔陛
谷口 孔陛谷口孔陛税理士事務所

ホームページ

格安税理士事務所を使って起きた2つの悲劇〜いい加減な決算書の末路は?

格安税理士事務所を使って起きた2つの悲劇〜いい加減な決算書の末路は?
 「決算書なんてどこの税理士事務所に作ってもらっても同じでしょ?!」よくこんな意見を聴きますが、実際のところは税理士による決算書への手の掛け方次第で、銀行との融資交渉や税務調査は大きな影響を受けます。中には取り返しのつかない事例も…きちんとした決算書を作ることがなぜ重要なのか、財務のプロフェッショナルが説明してくださいます。

決算書なんて誰が作っても同じ?滅相もないです!

 時々「決算書なんて誰が作っても同じでしょ」と言われることがあるのですが、税理士としてのポジショントーク抜きでぶっちゃけます。

 決算書は作り手の腕次第で質が左右され、しかも会社の経営、特に資金調達に大きな影響を与えるものです。

 特に、格安の税理士事務所さんで見てもらっている会社さんですと、貸借対照表(B/S。ビーエス)がめちゃくちゃになってしまっている場合があります。

 どう違うのか、それによってどんなことが起こるのかを、今日は皆さんにぜひ知っていただけると嬉しいです。

決算書に瑕疵がよくあるパターン〜社長からの借入金

 たとえば、中小企業だとよくあるケースなのですが、会社にお金が無い場合、一時的に社長さんが会社に自分の手金を入れることがあります。

 社長の視点から見ると、自分が経営する、いわば一心同体の会社にお金を貸しているだけ、あるいは一時的にお金を立て替えているだけ、という状況に感じるかもしれません。

 ところが、会社側から見ると、このお金は「社長から借りているお金」になりますので、これは「借入金」となります。

 ここまでは大体誰がやっても同じ処理になります。

 しかし、借入金の中にも「短期借入金」と「長期借入金」があります。

 簡単に言うと、借入金の場合は「1年以内に返済されるかどうか」でこの短期か長期かを分けることになっています。

 社長からの借入の場合、実際のところ「お金があるとき返す」ということが多いでしょうが、それはいつになるかわかりません。

 従って、私は「長期借入金」(固定負債)として扱い、更に「役員借入金」など別の名前の勘定科目を作って管理しておくことをお勧めしています。

 ところで、決算書を見ていただくとご理解いただけるのですが、銀行などが会社の決算書を評価する場合、評価方法の一つとして、貸借対照表の「流動資産」と「流動負債」と書いてある数字を比較します。

 この流動資産がたとえば100、流動負債がたとえば200、と図のような会社さんがあったとします。

節約社長

 流動資産は「現金預金や、1年以内に現金になったり費用になったりするもの」です。

 流動負債は「1年以内にお金を返したり払ったり収益になったりするもの」です。

 簡単に考えるために
  • 流動資産:1年以内にお金になるもの
  • 流動負債:1年以内に払わなくちゃいけないもの
 だと考えていくことにしましょう。

 そう考えて図を見ると、100<200で、明らかに「1年以内に払わなくちゃいけないもの」のほうが大きいですよね?

 社長からの借入を「短期借入金」に含めてしまうと、見た目上「流動負債」が膨らみますので、銀行など外部の人がパッとこの貸借対照表だけ見たら「この会社大丈夫なの?ちゃんと払っていけるの?」と思ってしまうわけです。

 もちろん実際にはほかの書類も合わせて見ますので、わかってくれる方にはわかってもらえますが、意図的に、よりわかりやすい決算書にしておいたほうが絶対に得です。

 社長からの借入金を「短期借入金」で処理してしまっている会社さんは多いのですが、これだけで銀行からの評価が変わることがあります。

 一度見直してみてください。

 ここまでは、よくあるパターンで、まだ修正が効くものですが、ここからは格安の税理士事務所を利用して決算書を作ったがゆえに、とんでも悲劇が起きた例をご紹介しますね。

格安の税理士事務所を使ったがゆえに起きた2つの悲劇
次のページへ >>

2017年3月15日

決算書

谷口 孔陛
谷口 孔陛谷口孔陛税理士事務所

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。