節約 社長
島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

異業種交流会なんて何の意味も無い!最高の人脈を一撃で作る方法

異業種交流会なんて何の意味も無い!最高の人脈を一撃で作る方法
 人脈は数で語られガチなところがあります。しかし、ビジネスを成功させる人脈は数ではなく質で決まります。10人、いいえ、たった1人の良い人と本当につながりたいと感じたら、私達はどのように動けば良いのでしょうか?自分自身の経験をもとに経営コンサルタントの島倉さんが解説してくださいます。

異業種交流会は烏合の衆が集まる場所に過ぎぬ

 今回は最高の人脈を一撃で作る方法と題してお送りいたします。

 ビジネスを成功させる上で良い人とつながり、良い人脈を作ることが重要なのは、経営者の皆様に対して今さら説明する必要のないことでしょう。

 じゃあ、どうやって人脈を作るのか?という方法論になると、途端にやり方を間違ってしまう人が多いんですよ。

 よくあるのが、異業種交流会、ランチ会、女子会、交流会…こういったものに参加してひたすら名刺交換をする方って多いじゃないですか。

 でも、そこで名刺を配っている方々って、失礼かもしれませんが「烏合の衆」に過ぎません。

「人脈は多いほうが良い」という間違えた幻想

 なぜ烏合の衆と言い切ってしまうのか、それは参加している方々のほとんどが、自分の持っている商品やサービスを売りたいと思って参加しているからです。

 その典型が異業種交流会です。

 みんなが「売りたい」と思っている場所に行って何が起きるか?

 簡単です。自分の名刺を配ったところで、商品を相手に売られるのがオチです。

 よくよく、なんで皆さんそんなところに行くのか?って考えてみると、その根っこに「人脈は多いほうが良いかな」という発想があるのかなと思います。

 たとえば、「俺、こんなに名刺持っていて、みんなとつながっているんだよね。」という具合に、知っている人の数を自慢する人いるじゃないですか。

 これって昔、携帯電話が流行りだした頃に「番号を俺◯◯件も持っているんだぜ!」って自慢していた人と同じで、全く意味がありません。

真の友10人VS普通の知り合い5,000人〜強力なつながりはどちら?

 たとえば、友人が10人しかいないAさんと、友人が5,000人もいるBさんがいたとしましょう。

 さて、Aさんの友人は10人が全員、心から信頼してビジネスの苦楽を共にできる、物凄く良い人だったとします。

 一方のBさんは5,000人の名刺交換した友人がいるのですが、ビジネスの話は全然できなかったとします。

 こうなると、本質的なところで言えば、Aさんは10人も友人がいるのに、Bさんは友人が誰もいないという話になってしまうんです。

 Bさんに同じ質の友人が10,000人いたところで、結果は同じです。

 逆にAさんが同じ質の友人が10人じゃなくて3人、もっと言えば1人しかいなかったとします。

 それでもAさんのほうが質の良い人脈を持っていると言えるんですよね。

 だから、人脈は数の問題じゃなくて質の問題で考える必要があって、どうやって「1人の良い人、凄い人と出会うか?」ということを考えていかなければならないんです。

最高の人脈を一撃で作る簡単な方法とは?
次のページへ >>

2017年2月14日

異業種交流会 女子会 ランチ会 人脈 人脈の作り方 名刺交換

島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。