節約 社長
島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

あなたの奥さんが会社を潰す!パートナーへの正しい収入の渡し方

あなたの奥さんが会社を潰す!パートナーへの正しい収入の渡し方
 夫婦のどちらか一方が経営者で、他方がサラリーマンや主婦である場合、経営者が他方のパートナーに自分の収入をそのまま渡すことは非常に危険な行為です。もともとそのようなお金を持っていなかった人が、一旦お金を手にすると浪費が始まります。業績が好調な時は良いかもしれませんが、いざ業績不振になったら?経営者が家計についてよく悩む問題に島倉さんが斬り込みます。

奥さんが業績不振の理由を作る張本人!なぜ?

 今日は、「あなたの会社で経営が崩れる本当の理由」というお題で話をしてみたいと思います。

 集客がどうとか、マーケティングがどうとか、という話ではありません。

 あと、今回の話は独身の人は関係なくて、結婚している経営者限定の話になります。

 結婚している経営者にとって、会社の経営を崩す大きな理由は「あなたのパートナー」かもしれないという話です。

経営者が自分の収入を配偶者にそのまま渡すと起きること

 夫婦のどちらか一方が経営者である場合、他方は主婦だったりサラリーマンだったりすることが多いと思います。

 そうすると何が起こるかというと、経営者でないほうのパートナーは、主婦なら給料がないですし、サラリーマンなら経営者のあなたより稼ぎが低くなることが多いわけです。

 経営者が駆け出しのうちは良いのですが、稼ぎ始めた後に問題が起きやすいんです。

 経営者がいざ稼ぎ始めると、経営者でないほうのパートナーは、「経営者ってこんなに稼ぐんだ。自分が一生懸命働いて4、500万円とか馬鹿らしい」と感じると共に、「これだけ稼いでくれるならもう大丈夫」みたいに、安心してしまいます。

 安心するとどうなるかというと、経営者でないほうのパートナーの浪費が始まることが多いんです。

 最初はコロッケで満足だったのが、カニクリームコロッケになって、最後には普通のコロッケなんて食い物じゃないと言わんばかりに、銘柄牛が入ったコロッケじゃないと満足しなくなったりします。

 車ならば、いつの間に軽自動車だったのが、セダンになり、いつの間にか外車に変わってくる、どんどんアップグレードされて、生活水準が高くなっていくと。

 服ならば、ブランド品でないと満足できない、あなたが気が付かないうちに、パートナーがそういう状態に陥っていたりするのです。

 気がついた時には、本来は家で貯めておくべき貯金をしていない、むしろ経営者名義でとんでもない借金をしていたと、信じられないかもしれないですが、本当にこういうことが起きるんです。

 個人レベルの会社なら、この時点でコケることも多かったりします。

業績不振時に経営者が行う投資が配偶者には浪費にしか見えない
次のページへ >>

2017年1月31日

経営者 配偶者 お金 家庭 家計 業績不振

島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

島倉大輔 さんへ問い合わせ

問い合わせ