節約 社長
経営者応援.com
経営者応援.com

ホームページ

通勤途中でケガをした場合に労災保険の適用を100%受けるにはどうすれば良い?

通勤途中でケガをした場合に労災保険の適用を100%受けるにはどうすれば良い?
通勤は「業務」と密接な関係があるため、通勤の途中で負傷等した場合は、労災保険で補償する事とされています。ただし、労働基準法が「労災適用を認める通勤」の定義は、私達が通常考えるそれとはかなり違うものです。それは「合理的な経路及び方法により、自宅と勤務先を往復すること」です。どうすれば通勤が、合理的な経路と方法で行われたと認められるか、詳細に解説致します。

労災適用の「通勤」は私達が一般的に考える「通勤」と定義が違う

 従業員を雇用すると、雇用された従業員は自宅と勤務先とを往復することになります。

 通勤は通常、自宅と勤務先との往復の間は、使用者の指揮・命令下にはないので、業務中と基本的にはみなされません。

 しかし、通勤は「業務」と密接な関係があるため、通勤の途中で負傷等した場合は、労災保険で補償する事とされています。

 通勤の途中に負傷等した場合には、業務中に負傷等した場合と同様に治療を受けたり、休業補償等の給付を受けることができます。

 業務中の負傷等の場合は治療費はかからないのですが、通勤災害の場合は200円だけ負担することとなっています。

 ただし、労働基準法が「労災適用を認める通勤」の定義は、私達が通常考えるそれとは、かなり違うものです。

 そこで本稿は、労働基準法が定める「労災適用となる通勤」の定義について、お伝えしたいと思います。

労災適用を受けられる通勤の定義:合理的な経路及び方法による自宅と勤務先の往復

 さて、労災適用を受けられる、通勤災害における「通勤」の概念とはどのようなものでしょうか?

 「通勤」と言えば、自宅から勤務先、勤務先から自宅へ向かう途中と一般的には考えられます。

 普通だと、自宅から勤務先或いは勤務先から自宅へ向かう途中の災害であれば、どんな場合でも補償されるように思われます。

 しかし、労災保険では「通勤」の概念に一定の制限を設けています。

 労災保険において補償の対象となる通勤の定義は、「合理的な経路及び方法により、自宅と勤務先を往復すること」とされています。

 実は、この「合理的な経路及び方法」というのが非常に重要な点なのです。

 逆に言えば、幾ら自宅から勤務先へ向かう途中であっても、「合理的な経路及び方法」でなければ、補償の対象とはならなくなってしまうのです。

「合理的な方法による通勤」から外れる行為は?

 では、「合理的な経路及び方法」とは一体どのようなものなのでしょうか?

 この中で「経路」についての考えが非常に重要かつ複雑なので、先に「合理的な方法」についてお話したいと思います。

 通勤手段には様々なものがあります。徒歩、自転車、自動車、バスや鉄道の公共機関等も考えられますね。

 これらのものは基本的には、「合理的な方法」とみなされます。

 よく「会社には通勤手段として自転車通勤を申告していたが、たまたま天候が悪く、バスで通勤し、その際に災害にあった場合にはどうなるのか?」といった質問を受けます。

 このような場合、たとえ会社に申告していた通勤手段と違った通勤手段で通勤し災害に遭った場合でも、その通勤手段が合理的なものであれば、基本的には補償の対象となります。

 では「合理的でない方法」とはどのようなものでしょう?

 これは、無免許者や泥酔者が自動車を運転する場合等が考えられます。

 ですから、何らかの違反で免停になっている従業員が、自動車で通勤し、災害に遭っても補償が受けられなくなってくる可能性があります。

 従業員にとっても補償を受けれなくなると、経済的にも大きな影響を受けてしまいますので、事業主の方もその辺のところは、よく従業員に説明しておく必要があります。

 また、しっかり説明することで無免許運転や飲酒運転の抑制の効果も期待できます。

「合理的な経路」とみなされない「逸脱した経路」とは?
次のページへ >>

2017年1月31日

合理的な方法 合理的な経路 逸脱 通勤 労災保険 労働基準法

経営者応援.com
経営者応援.com

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。