節約 社長
経営者応援.com
経営者応援.com

ホームページ

60歳以上の有能な社員がいるなら「65歳超雇用推進助成金」はガチでオススメ

60歳以上の有能な社員がいるなら「65歳超雇用推進助成金」はガチでオススメ
 平成28年10月より、高年齢者の就労機会の確保、及び希望者全員が安心して働ける雇用基盤の整備を目的として「65歳超雇用推進助成金」が創設されました。この助成金は創設当初から当サイト記事でも扱っていますが、60歳以上の有能な従業員を抱えている会社さんにとって、リスクは本当に限りなく少ないものです。ぜひ申請をしてみませんか?

65歳超雇用推進助成金は本当に魅力的な助成金

 平成28年10月に、「65歳超雇用推進助成金」が創設されました。

 助成金が創設された当時、「新たに始まったリスクが少なく高額な助成金制度〜65歳超雇用推進助成金」という記事を寄稿しましたが、もう一度。

 この制度、本当に「ほぼノーリスク」なので、現時点で60歳以上の有能な従業員を抱えている会社さんには、ぜひ申請をお勧めしたい助成金です。

 本助成金の内容をおさらいすると、現行の制度(現行の制度とは、現在、各会社の就業規則で定められている制度を言います。)を上回る制度を導入し、かつ下記のいずれかの制度を導入した場合に、下記の金額の助成金が支給されるというものです。
  • ①65歳への定年の引上げ:100万円
  • ②66歳以上への定年引上げまたは定年の定めの廃止:120万円
  • ③希望者全員を66~69歳まで継続雇用する制度の導入:60万円
  • ④ 希望者全員を70歳以上まで継続雇用する制度の導入:80万円
 金額の大きさだけ見ていただいても、非常に魅力的な助成金だとご理解いただけると思います。

 では、なぜ「65歳超雇用推進助成金」にはリスクが殆ど無いのか?今回は、この点についてお話ししたいと思います。

65歳絡みの雇用形態には2つのパターンがある

 現在、高年齢者雇用安定法により、会社は労働者を65歳まで雇用する義務が課せられています。

 65歳までの雇用義務を満たす方法には、
  • 定年年齢を65歳以上又は廃止にする
  • 定年年齢が60歳で定年後、再雇用し65歳まで継続雇用する
 という2つのパターンがあり、どちらの形態を取っても法律の基準を満たすこととなります。

 では、「定年65歳」と「定年60歳で65歳まで継続雇用」の違いについて、簡単にご説明したいと思います。

 まず、定年が65歳の場合には、賃金等の労働条件を基本的には65歳まで同条件で雇用する必要があります。(もう少し正確に言えば、65歳まで年齢を条件に労働条件を低下させることができません。)

 それに対して、定年60歳で65歳まで継続雇用の場合は、あくまで定年は60歳なので一旦、60歳の時点で雇用契約が終了します。そして、定年の翌日から再雇用等の継続雇用がされることとなります。

 ですから、60歳の時点で労働条件を変更できる権利が会社側にあると考えられます。

 元々、法律では、同条件で65歳までの雇用義務を課しているわけではなく、求めているのはあくまで雇用の維持ですので、「定年60歳で65歳まで継続雇用」のような制度であっても、法律の基準は満たしていることとなります。

 上記を前提として、65歳超雇用推進助成金が、なぜ中小企業にとってリスクが少ないかについて、2つのケースを基にお話ししたいと思います。

定年年齢が65歳の場合:定年延長は最低60万円の助成金対象へ

 最初に、現行の制度が定年年齢が65歳の場合について考えてみたいと思います。

 もし、「定年以降も労働条件を変えずに、一定期間雇用しても良い」と考えるならば、助成金の対象となってきます。

 定年年齢を66歳から69歳までの間に延長するならば助成額は100万円で、70歳以上に定年年齢を延長する場合は120万円となります。

 また、定年以降は同条件での雇用は難しいけど、労働条件を下げての雇用であれば可能ならば、こちらでも助成金の対象となってきます。

 雇用継続の上限年齢を66歳から69歳までの間に延長する場合の助成額は60万円で、雇用継続の上限年齢を70歳以上に延長する場合の助成額は80万円となります。

 つまり、同条件雇用するかどうかは別として、「従業員には、働けるだけ働いてもらいたい」と考えるならば、何らかの形で助成金を受給することが可能と言えます。

定年が60歳で65歳まで継続雇用:こちらも最低60万円の助成金対象へ
次のページへ >>

2017年1月23日

リスク 助成金 65歳超雇用推進助成金 経営者 高齢者 雇用契約 定年 65歳

経営者応援.com
経営者応援.com

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

経営者応援.com さんへ問い合わせ

問い合わせ