節約 社長
高橋輝雄
高橋輝雄心理カウンセラー税理士

ホームページ

副業収入20万円以下の超ミニ起業家でも確定申告しないといけない2つの場合

副業収入20万円以下の超ミニ起業家でも確定申告しないといけない2つの場合
 確定申告の時期が近づくとよく増える質問の一つに「20万円以下の収入しか得ていないなら、副業していても確定申告がいらないって本当?」というものがあります。そこで本稿は、超ミニ起業家向けに「副業で得た20万円」の定義をお伝えしようと思います。20万円以下の収入でも確定申告が必要な2つのパターンをぜひ覚えておきましょう。

20万円以下の副業は確定申告不要ってホンマでっか?

 確定申告が近づくこの時期になると、毎年よく耳にするのが、
  • 「20万円以下の副業は確定申告不要だというけど、本当に大丈夫?」
  • 「友人も申告していないというし、バレないよね?」
 というような言葉です。

 申告義務があるのに申告していないと、追加の税金がかかります。

 ですから、こういう疑問が頭に浮かぶ状態は、凄く危ない感じです。

 そこで本稿は、「20万円以下の副業は確定申告しなくて本当に大丈夫?」というテーマで、「20万円以下」の定義について、しっかりとお届けしたいと思います。

「20万円」は「収入」ではなく「所得」に対する数字

 まず、国税庁のサイトでは、確定申告が必要な人について、以下のような記載がされています。

「給与所得者であっても次のいずれかに当てはまる人は、原則として確定申告をしなければなりません。

1か所から給与の支払いを受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人」

 これを見れば分かるように、20万円という数字は「収入」ではなく「所得」に対しての数字だということが理解できます。

 所得というのは、「収入−経費=所得(利益)」という式によって求められるものです。

 従って、単に得られた金額では無いということですね。

 副業をしているならば、「その副業が利益ベースで20万円を超えているか否か」が判断材料となります。

 従って、「収入−経費=所得(利益)」で20万円以下ならば、確定申告を行う必要はありません。

 なお、宝くじなどは非課税ですので、そもそもが申告の対象外です。

副業が給与で支払われているなら20万円以下でも確定申告が必要

 ただし、副業で20万円未満しか稼いでいなかったとしても、確定申告を行わなければならぬ場合があります。

 それは、副業でも源泉徴収票をもらっている時で、この場合は副業の収入が「給与」扱いになっています。

 所得ベースだという事を記載致しましたが、それはあくまで給与ではない場合です。

 たとえ副業だとしても、源泉徴収票をもらうような給与扱いであれば、所得金額が20万円を超えるかどうかではなく、必ず確定申告をする必要があります。

 日本の所得税は累進課税方式なので、所得が低いほど税率が低く、所得が高いほど税率が高くなります。

 1ヶ所からの給与と、2ヶ所で合算しての給与で取られる所得税が異なったら、不平等になってしまいますよね?

 そのために、1年間の所得を合算させて確定申告をさせているのです。

還付申告を行わねばならないなら20万円以下でも確定申告が必要
次のページへ >>

2017年1月23日

確定申告 副業 国税庁

高橋輝雄
高橋輝雄心理カウンセラー税理士

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。