節約 社長
弁理士 渡部 仁
弁理士 渡部 仁将星国際特許事務所 所長

ホームページ

ミスドはなぜドーナツのデザインを意匠登録した?意匠登録のメリット

ミスドはなぜドーナツのデザインを意匠登録した?意匠登録のメリット
 ミスタードーナツを運営するダスキンは、昨年の11月に「クレームブリュレドーナツ」という1種類のドーナツについて意匠登録を行いました。意匠登録とはどのような制度なのか?意匠登録を行うメリットは?という論点に触れながら、ミスタードーナツがなぜ1種類のドーナツについて、わざわざ意匠登録したのか考えます。

ミスドがたった1種類のドーナツを意匠登録

 こんにちは。弁理士の渡部です。

 いきなりですが、以下の写真は何だと思いますか?

節約社長
特許情報プラットフォーム:意匠登録1563903

 そうです。皆さん誰もがドーナツと答えることでしょう。

 ただし、このドーナツはただのドーナツではなく、ミスタードーナツを運営するダスキンが昨年の11月に意匠登録した、「クレームブリュレドーナツ」の写真です。

 なぜ、ミスタードーナツは1種類のドーナツについて、あえて意匠登録を行ったのか?意匠登録を行うメリットと共にご紹介したいと思います。

意匠登録とは?意匠登録を行う3つのメリット

 意匠登録とは、製品のデザインを保護するために欠かせないもので、「デザインの特許」のようなものです。

 製品のデザインを、意匠登録により保護することができ、以下ご紹介する3つのメリットを持つ制度です。

メリット1)他社の模倣を阻止できる

 意匠権を取得することで、他社が同じデザイン又は似たようなデザインで製品を生産・販売することを阻止することができます。

 登録されると20年間の保護を受けることができ、他社からデザインを真似される心配はありません。

メリット2)登録時に高い技術を求められない

 意匠は製品のデザインですから、特許のように高い技術を求められることなく登録できるというメリットがあります。

 また、外観から判断できるため、侵害されているかどうかの判別がつきやすいのもメリットのひとつだといえるでしょう。

メリット3)特許が取れない場合の代替措置となる

 特許の取得が難しいケースでも、デザインに特徴のある発明であれば、意匠出願に変更し、意匠登録できる可能性があります。

 何も複雑なデザインが必要とされるわけではありません。

 単純なデザインであっても、これまでにないデザインであったり、単なる組み合わせでなければ登録される可能性は十分にあります。

 意匠出願の際には、原則として対象製品の6面図を提出することになりますが、写真やコンピューターグラフィックスを提出することも可能です。

ミスタードーナツがドーナツのデザインを意匠登録したワケ
次のページへ >>

2017年1月12日

意匠登録 特許 ミスタードーナツ ドーナツ 意匠権

弁理士 渡部 仁
弁理士 渡部 仁将星国際特許事務所 所長

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

弁理士 渡部 仁 さんへ問い合わせ

問い合わせ