節約 社長
経営者応援.com
経営者応援.com

ホームページ

エイベックス松浦氏の長時間労働を是正する発言はなぜ炎上した?労基署の是正勧告が行なわれる理由

エイベックス松浦氏の長時間労働を是正する発言はなぜ炎上した?労基署の是正勧告が行なわれる理由
 12月に音楽大手のエイベックス社に労働基準監督署から是正勧告が通達されました。これを受けて同社の社長である松浦勝人氏は、業界特有の事情ゆえに長時間労働を是正するような発言を行い、これに世間は厳しい反応を見せました。是正勧告はどのような場合に行なわれるものかを考えてみると、松浦氏がなぜ批判されることになったのか理解することが可能です。

エイベックスへの労基署による是正勧告に対する社長発言に非難集まる

 皆さんも記憶にあたらしいところと思いますが、12月にエイベックスが労働基準監督署から是正勧告を受けました。

 これを受けて、同社の松浦勝人社長(以下、松浦氏)がブログ記事の中で、以下のように書いたことで同社は更に批判の対象となりました。

望まない長時間労働を抑制する事はもちろん大事だ。ただ、好きで仕事をやっている人に対しての労働時間だけの抑制は絶対に望まない。好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない。僕らの業界はそういう人の「夢中」から世の中を感動させるものが生まれる。それを否定して欲しくない。

だから時代に合わない労基法なんて早く改正してほしいし、そもそも今のキャンペーンは労基法の是正が遅れているにも関わらず、とりあえず場当たり的にやっつけちまえ的な不公平な是正勧告に見えてならない。 

引用:松浦勝人ブログ「仕事が遊びで遊びが仕事」:労働基準法 是正勧告とは

 なぜ、彼の是正勧告に対する否定的コメントは、世間から批判される原因となってしまったのでしょうか?

 その原因は、是正勧告がどんな環境のもとで行われるものかを知れば、簡単にわかることです。

労基署の是正勧告はどんな時に行われるのか?

 是正勧告とは、労働基準監督署の調査が行われ、労働基準法等の法令違反が発見された場合に、その是正を求めるものです。

 さて、これら労働基準監督署による事業所の調査は、
  • 従業員からの申告
  • 重大な労災事故
 など、よほどの法令違反を「申告」されることにより行われるのが大半です。

 松浦氏のブログを拝見すると、「自分の業界は〜で、社内のみんなもそれを理解して喜んで働いている。従って、長時間労働がダメというのはナンセンス」というニュアンスの論調を展開していますが、実際のところ、是正勧告は長時間労働を「是」としているはずの、社内からの申告で行われた可能性が高いのです。

  「自分は長時間労働なんて全然気にしない。むしろ、仕事と遊びは一緒だと思っている。皆もそうだよな!」(社長)

  「そんな価値観押し付けんなよ!安月給で深夜も土日もないんじゃたまらねーよ。あっ、そうだ。労基署に訴えたろー!」(社員)

 こんなふうに、よほど経営者と社員の間で労働条件に対する意識差が開かない限り、是正勧告が行なわれることは起こりにくいのです。

 にも関わらず、松浦氏の主張は自分の主観一辺倒で、是正勧告を「理不尽」と評する論調に一貫しています。

 これでは批判されるのも仕方がないところでしょう。

労基署は是正勧告をどのような形で行うのか?

 それでは、是正勧告の実態はどのようなものなのでしょうか。
 
 調査では、賃金台帳、出勤簿、労働者名簿、36協定等を基に、労働時間の管理や割増賃金等が法律に適した形で行われているかが、調査されます。

 万一、調査で法律に違反している事項が発見されたら、労働基準監督官はそれらを是正するよう指導する権限があります。

 具体的には、違反事項に対する指導内容を記した、「是正勧告書」が交付されます。

 是正勧告書には、違反項目と是正期日が記載されており、指定された期日までに違反項目を是正して、労働基準監督署へ是正状況を報告することになります。

是正勧告の法的な強制力と会社に与える影響
次のページへ >>

2017年1月4日

労働基準監督署 労務 エイベックス 是正勧告 松浦勝人

経営者応援.com
経営者応援.com

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。