節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

イエス様のご先祖・ダビデ王はランチェスター戦略の実践者!?

イエス様のご先祖・ダビデ王はランチェスター戦略の実践者!?
 イエス・キリストの遠いご先祖様で、旧約聖書の英雄といえば「ダビデ王」です。彼を一躍スターダムに押し上げたのは、身長3mの巨人戦士・ゴリアテとの決闘でした。当時、まだあどけない羊飼いの少年だったダビデが、ゴリアテを倒せたのはダビデに確固たる弱者の戦略(ランチェスター戦略)があったからです。その原則は、今も何ら変わりません。

イエスのご先祖ダビデは西欧諸国の偉大な英雄

 クリスマスの期間中、皆様思い思いに楽しい時間を過ごされたのでは無いでしょうか?

 さて、クリスマスはキリスト教のまつりごと、イエス・キリストの生誕を祝う日ですね。

 イエス・キリストはユダヤ人で、その系譜をずっと辿っていくと、イスラエル王国の王であり英雄である「ダビデ(David)」に行き当たります。

 そう、デビッド・ベッカムやデビッド・ボウイの「デビッド」は、ダビデ王の「ダビデ」に由来したファーストネームなのです。

 ダビド、デビッド、ダフィズというファーストネームの方は、世界のそこかしこにいて、それくらいダビデ王は英雄であり、キリスト教圏にいる人々にとって憧れの存在です。

幼い羊飼いの少年ダビデVS巨人ゴリアテの決闘

 ダビデ王がなぜこれほど英雄として讃えられているかと言いますと、彼が王になる前、「ダビデ」という名前を一躍有名にした決闘に大きな要因があります。

 ユダヤ民族は世界的にも特異な、敵に囲まれ続けてきた民族です。

 なにせ、今のイスラエルを見ても、国の周りはぐるりとイスラム教を信じる11の敵国に囲まれているわけです。

 そして、その状況は昔も何ら変わらなかったようです。

 紀元前13世紀頃の話、イスラエル王国を悩ませていたのは、「海の民」と呼ばれる獰猛な民族、ペリシテ人達でした。

 彼らは「乳と蜜のあふれる地」と呼ばれる肥沃なカナンの大地を巡って、ユダヤ民族と争っており、更には兵士の数でも武器の先進性の点においても、ユダヤ民族に勝っていました。

 ユダヤ民族の圧倒的劣勢で対峙することとなった、「エラの谷の戦い」で、ユダヤの人々は更に恐れおののきます。

 身長3mの巨人戦士・ゴリアテがいたからです。ゴリアテは40日に渡ってユダヤの軍勢を恫喝し、すっかり彼らは怯えきった状態になってしまいました。

 そこへ現れたのが、ヒョロっとした幼い羊飼いの少年で、あどけない表情をたたえた、若き日のダビデでした。

 ダビデは何の躊躇もなく、自分より倍の身長があろうかと言うゴリアテに、「お前は槍と盾を武器に戦うが、私は神の名において戦い、お前を倒すだろう」と決闘を挑みます。

節約社長

 そして、ダビデはその宣言通り、ゴリアテを完膚なきまでに打ち倒します。

 それは決して宣言時に言い放った神頼みな方法ではなく、戦略に基づいたものでした。

少年ダビデはなぜ3mの巨人ゴリアテを打ちまかせた?
次のページへ >>

2016年12月26日

イエスキリスト ダビデ王 弱者の戦略 ランチェスター戦略

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。