節約 社長
高橋輝雄
高橋輝雄心理カウンセラー税理士

ホームページ

個人事業主は12月が年度末〜確定申告に備え事前点検するべき項目

個人事業主は12月が年度末〜確定申告に備え事前点検するべき項目
 慌ただしい師走を走り抜け、ホット一息つかれた場面からもしれませんが、個人は1月~12月が所得税の計算期間ですから、自営業・フリーランスなど、個人事業主の方にとっては会社にとっての「年度末」と同様の時期にあたります。来年の3月に備えてあと一踏ん張り。確定申告に備え、年末のうちに事前点検するべき項目をご紹介します。

12月末=個人事業主にとっての「年度末」

 早いもので、今年もわずか1週間ほどとなりました。

 慌ただしい師走を皆さん精力的に過ごされたことでしょう。

 ホッと一息疲れたところで恐縮ですが、もし一息付かれているなら、来年のために最後の一踏ん張りでチェックしておいてほしいことがあります。

 個人は1月~12月が所得税の計算期間ですから、自営業・フリーランスにとっては会社にとっての「年度末」と同様の時期にあたります。

 そして、年が明けるといきなり始まるのが、慌ただしい確定申告に向けた準備です。

 とはいえ、年始にバタバタと準備を始めるよりも、年内にできるだけ俯瞰して確定申告も踏まえた準備を行えば、よりよいスタートダッシュが切れます。

 そこで本稿は、確定申告に備えて、年末のうちにやっておくべきことを、ザッとご紹介しますね。

準備1:年内に作成・発行した書類を整理する

 さぁ、まずは資料の整理からスタートです。

 年末までに作成・発行した資料は、もう既に整理されていますか?

 毎月きちんと帳簿を整理していたりすれば結構ですが、まだ何もしていないという方も多いのではないでしょうか?

 一番最初に揃えておいたほうが良いのは、ボリュームの大きな以下の書類です。
  • 売上関連(請求書)
  • 原価支払関連(相手へ支払った請求書・領収書)
  • 経費関係の領収書
 次に余裕があれば、事業関連以外で揃えるものとして、以下も整理しておきましょう。
  • 国民年金の支払い額
  • 国民健康保険の支払い額
  • 生命保険料控除の控除証明書
  • 地震保険の控除証明書
  • 小規模企業共済の控除証明書
  • ふるさと納税(寄付金控除)の証明書
  • 医療費の領収書(原則10万円超えているようなら)
 たとえば、医療費の領収書で大きな病気は無くとも、歯医者での治療などありませんか?

 ちりも積もれば山となりますので、ここらへんの書類までは、年が明けて年度がかわる前に、資料を整理しておくのが良いでしょう。

準備2:年内に経費計上できるものを探そう
次のページへ >>

2016年12月26日

個人事業主 確定申告 年末 準備 小規模企業共済 ふるさと納税 請求書 領収書 整理 効率化

高橋輝雄
高橋輝雄心理カウンセラー税理士

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。