節約 社長
景浦支勝
景浦支勝人事・労務のエキスパート

年間2400万円のコストを7%削減したはずがコストが増えていたワケ〜タコ社長の場合

年間2400万円のコストを7%削減したはずがコストが増えていたワケ〜タコ社長の場合
 タコ社長が懸命に切り盛りするギフト会社Aは、目下1.5%の利益率を3%にあげようと必死です。そこで目をつけたのが、ギフトの資材包装代でした。月間200万円のコストを10%下げるべく、タコ社長は蛾次郎部長に指令を出し、7%の資材包装費ダウンにこぎつけますが、一年後に青ざめます。コストが増えていたからです。

ギフト会社Aのタコ社長がコスト削減を決意

 あるところにギフト会社Aがありました。タコ社長が懸命に会社を切り盛りしています。

 主力の商品は贈り物用の詰め合わせで、販路は問屋帳合の百貨店卸しが中心、
  • 売上:3,000万円/月
  • 粗利:900万円/月
  • 人件費:400万円/月
  • 家賃等の固定費:150万円/月
  • 配送料:100万円/月
  • 資材包装代:200万円/月
  • 税引前純利益:50万円/月
 という収入とコスト、利益の構造を持っていたとします。

 全てを差っ引いた税引き前純利益は1.5%であり、ギリギリやっている企業といったところ。

 百貨店も最近は売上が右肩下がりで厳しいため、コスト削減することで社内留保を多くし、利益率を何とか3%まで持っていきたいと考えています。

蛾次郎部長に課せた資材包装代のコスト削減

 ここでタコ社長が着目したのは、資材包装代の200万円でした。

 「年間2,400万円も資材費にかけてるの!?金かかりすぎ。これをあと10%コスト削減したら、一気に利益率が3%に近づく」と考えました。

 そこで社長は、生え抜き50代部長の蛾次郎さんに「資材メーカーと交渉しろ!」と怒鳴りつけ、Bさんも「この年でリストラはやばい」とばかりにか、社長の声にビビったのか必死に交渉をすすめます。

 ついに、「社長(心の声:タコこら!)!10%は無理でしたが、まとめ仕入れを行うことで、7%のコスト削減(値下げ)に資材メーカーが合意しました!少し多く仕入れた包装紙とダンボールは、空いたスペースがあるので、そこに置いておけば大丈夫です。」と報告があがってきました。

 2,400万円の資材包装代が2,232万円に下がれば、実に年間で168万円のコスト削減となり、利益率も2.1%へ大幅アップです。

 「よっしゃ、やったぞ!でかした蛾次郎!」

 さて、ここまでは良かったのですが、一年後にタコ社長は青ざめます。なぜでしょうか?

タコ社長に見えなかった「時間」というコスト
次のページへ >>

2016年12月16日

節約 可視化 見えるコスト 見えないコスト コスト削減

景浦支勝
景浦支勝人事・労務のエキスパート

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。