節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

廃業に至る典型的な貧乏企業は最後に「家族をタダ働き」させる

廃業に至る典型的な貧乏企業は最後に「家族をタダ働き」させる
 2016年もいよいよ年末となりましたが、「年を越せるかな?」と不安で仕方がない事業者が多いのも事実です。中小零細は大手企業と比べて、資本・信用力・人材(チーム)などあらゆる点で見劣りします。これに輪をかけて、ダメな企業は作戦を立てず、家族をタダ働きさせ、やがて廃業に至ります。家族のタダ働きはなぜダメなのか?キミアキ先生が解説いたします。

年末になると増える事業者の憂いと閉店の看板

 2016年も12月に入りまして、事業者として「年を越せるかな」と不安で不安で仕方がない方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

 商店街を見てみましても、「◯月◯日をもって閉店いたしました」という張り紙が結構目立つ、そんな今日このごろです。

 こんな感じで、多くの事業者が大手で働くサラリーマンより、遥かに貧乏だったりする現実があります。

 そこで本日は、なんで事業者は貧乏になりやすいのか?貧乏から抜け出すにはどうしたら良いのだろうか?というお話をしてみたいと思います。

「お金が無いから稼げない」大手と中小は何が違う?

 まず、事業者の年収を考える時は、「資本金=年収」くらいの方程式が成り立てば、ひとまずは合格というところです。

 ところが、最近だとこの方程式が成り立たなくて、お店とかだとお金をぶっこんでもぶっこんでも、全く儲からないという人が多くいます。

 年収も全然上がらなくて、ぶっこんだお金も回収できないと、そういう人たちが多かったりします。

 そんな時に「お金が無いから稼げない」という話になるんですけれど、これは大企業との比較で生まれるものです。

 確かに、大企業と中小企業では全然リソースが違います。大きく分けた3つの違いをご紹介しましょう。

 1つめは、資本力です。

 中小零細だと、一人あたりの資本装備が500万円あれば「結構多いね」という話になるのですが、大企業だと一人あたりの資本装備が1億円くらい、ポーんと与えられているので全く勝負にならないわけです。

 2つめは、会社が持っている信用力が、大手と中小では全く違います。

 本当に悲しいかな、自分が今までいた会社とは全く雲泥の差となるほど、信用してくれないわけです。

 3つめに、一番作れないのがチームです。

 自分が以前いた会社のようにチームを作ろうとするのですが、理屈の分かる人物を集めて中小零細でチームを作ろうなんて、本当に無理です。

 そもそも大企業にいるのに、中小零細で働いてくれるような人って、なかなかいないですからね。

お金が無い上に作戦もない。精神論と作業だけの日々
次のページへ >>

2016年12月12日

年末倒産 中小企業 大手企業 事業者 儲からない 作戦

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

タナカキミアキ さんへ問い合わせ

問い合わせ