節約 社長
株式会社iCARE
株式会社iCARE

ホームページ

ありのままで働く〜LGBTの人々を取り巻く職場環境と彼らに理解を示し始めた企業

ありのままで働く〜LGBTの人々を取り巻く職場環境と彼らに理解を示し始めた企業
 現アップルCEOティム・クック氏が、自らが同性愛者であることを告白したことは、ビジネスの世界で性の多様性について考える一つの契機になりました。その一方で、LGBTの方々の大半は、未だに性的指向で差別を受けることをおそれ、自分を偽らざるを得ず苦しんでいるのが現状です。企業は彼らにどのような職場環境を与えられるのか?LGBT問題に取り組み始めた事例と共にご説明します。

職場でなお偏見の目にさらされるLGBTの人々

 「結婚は男性と女性がするもの」これまでの一般的な社会常識はこのようなものかもしれません。

 その一方で、成長の過程で同性に興味を抱くことや、自分の性に対する違和感に気づく方が沢山いらっしゃることも事実です。

 近年、各メディアにおいても、LGBTの特集が組まれるなどして注目され始めています。

 特に、現アップルCEOであるティム・クック氏が、2014年に自らが同性愛者であることを告白し、これが大きく報じられたことは、ビジネスの世界で性の多様性について考える一つの契機になりました。

 とはいえ、そうした世の関心とは裏腹に職場では、その性的指向で差別を受けることを恐れて、当事者がありのままの自分を偽らなければならない状態が続いています。

 そこで本稿は、
  • LGBTの方々は日々どのような思いを抱きながら働いているのか?
  • 企業側はその当事者である社員に対し、どのような職場環境を提供することが可能なのか?
 について、例を交えながら考えていきたいと思います。

LGBTとは?性同一性障害より広いその概念

 まず、LGBTがどのような人々を指す言葉なのか、ご説明しましょう。

 LGBTとは、
  • L=レズビアン:女性同性愛者
  • G=ゲイ:男性同性愛者
  • B=バイセクシュアル:両性愛者
  • T=トランスジェンダー:生まれたときに法律的/社会的に割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人
 を表す言葉の頭文字を取り、性的少数者を限定的に指した総称です。

 ちなみに、トランスジェンダーは、心の性別と体の性別が一致しない人のことを指す医学上の診断名「性同一性障害」よりも広い概念で、当事者が自分達の生き方にプライドを持ち、名乗るときに好んで使われることが多い言葉です。

 引用:(NHK福祉ポータル ハートネット)

 また、電通ダイバーシティ・ラボの「LGBT調査2015」によると、2015年4月時点で全国69,989名を対象に、セクシュアルマイノリティの調査を実施した結果、LGBTを自認する人は全体の7.6%に及びます。

 つまり、職場に100人の人がいたら、そのうち7〜8人はLGBTの人達だという統計が出ているのです。

 少数派ではありますが、決して無視してはいけないオピニオン発信者達だと言えるのではないでしょうか?

LGBT当事者に立ちはだかる職場における困難

 それでは、具体的にLGBT当事者たちは職場でどのような困難を体験しているのでしょうか。

 以下、ほんの一部ですが事例を列挙します。
  • 採用時エントリーシートの性別記載欄に男・女の選択肢以外がない
  • 社内方針にLGBTへの対応が明文化されていない
  • 性別に関係なく使えるトイレが設置されていない・設置数が少ない
  • 性別変更に関する人事部と配属先の上司のサポートが不十分
 もちろん、この他にも、まだ見過ごされてしまっているLGBTの方が苦慮している問題は多くあります。

 ただし、これらの事例を見るだけでも、採用や就業において私たちの多くが当たり前のように受け入れてきたことが、LGBT当事者のアイデンティティーを苦しめる原因となっていることに気がつけます。

LGBTに対して配慮する3つの企業〜その取り組み事例
次のページへ >>

2016年12月15日

LGBT 第一生命 ティムクック 同性愛 笑美面 IBM

株式会社iCARE
株式会社iCARE

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

株式会社iCARE さんへ問い合わせ

問い合わせ