節約 社長
谷口 孔陛
谷口 孔陛谷口孔陛税理士事務所

ホームページ

年末の大掃除で固定資産を捨て節税と整理整頓を一挙両得で実現せよ!

年末の大掃除で固定資産を捨て節税と整理整頓を一挙両得で実現せよ!
 年末で大掃除タイミングとなりましたが、余分な資産が無いか固定資産台帳を見直しながら掃除してみませんか?もし貴方の会社が思わぬ利益を今期出しそうならば、不要な固定資産を捨てたり、買い直すことで、節税と整理整頓を一挙両得で実現することができるからです。詳細をメガネ税理士の谷口さんが解説してくれます。

利益が出すぎ?固定資産台帳を要チェックや!

 がむしゃらに業務へ邁進していると、「考えているよりも利益が出てしまった!」という、嬉しい事実に気づくことがありますよね。

 しかも、決算直前にです。

 そんな時は、一度「固定資産台帳」を見直してみることをお勧めします。

 固定資産台帳とは、自社で持ってる固定資産をまとめたものです。
  • 何を買ったか
  • いつ買ったか
  • いくらで買ったのか
  • 今年はいくら費用にできるのか
  • あといくら費用にできる金額が残っているのか
 などなど、沢山の固定資産に関する情報をまとめておくものを、固定資産台帳といいます。

 固定資産台帳を例示すると、こんな感じでしょうか。

節約社長
私が適当に作ったものです。本当は更に横長なんですが入り切らないので省略しまくってます^_^;)

 この固定資産台帳なんですが、財務諸表を作る税理士さんによって、申告書と決算書のあいだに挟まっていたり、申告書一式の近くに綴じてあったり、その在り処はまちまちです。

 私が今まで見た中では、申告書と決算書のあいだに挟まっていることが一番多かったので、「どこにあるの?」という方はとりあえずそこを探してみてください。

 もちろん自社で管理されている方はそれで大丈夫!今年のものを見てみてください。

 「固定資産台帳がないんだけど…」というあなたは税理士に連絡して、「ちょっと、固定資産台帳ちょうだいよ」と言ってみてください!

固定資産を廃棄して節税〜期末帳簿価額と廃棄費用を費用にする

 さて、ここで固定資産台帳を見たら、既にいらなくなっているものがないか探してみましょう。

 単純にぐるりと事務所を見回してみて、実際にモノを見てみてもいいと思います。

 年末でしたら、大掃除のついでにチェックするのが効率的かもしれませんね。

 ただ、金額の関係などでそもそも固定資産台帳に載っていないと、追加で費用にならないことにはご注意を。

 次に、ちょっと色をつけて、もう一度固定資産台帳を見てみましょう。

節約社長

1.廃棄したときに残っていた金額が費用になる

 台帳に「期末帳簿価額」という欄がありますね。ちょうど、赤い枠でセルを囲った部分です。

 「期末帳簿価額 = まだ費用にしていない金額」だと思ってください。

 去年のものを見てるか、今年のものを見てるかで変わりますが、ざっくり言うと、
  • 去年のもの … 期末帳簿価額 - 今年の減価償却費
  • 今年のもの … 期末帳簿価額
 を、廃棄することによって追加で費用にすることができます。

 例の「コピー機」の場合だと、10万円を費用にすることが可能です。

2.廃棄費用がかかったらそれも費用になる

 ただ廃棄を検討するのは、もちろんいらないものになりますので、例の「応接セット」のように、償却が終わっていて1円しか費用にならないことも多いです。

 その場合でも、あたり前のことなんですが、廃棄にかかったお金を費用とすることが可能です。

 たとえば廃棄に10万円かかった場合。

 赤字続きの会社の場合

  廃棄費用はそのまま10万円

利益が出て税金が出る会社の場合
  • 廃棄費用に10万円出す
  • 税金が3万円減る
  • 実質的な負担は7万円
 となりますので、廃棄にお金がかかるものは、あえてこのタイミングで廃棄してしまうのも一案です。

固定資産を買い替えて節税〜下取り費用と購入費用で節税

 いらないものは廃棄すればそれで終わりですが、「これは必要だから捨てられないよ」ということも多いでしょう。

 その場合も買い替えることによって、
  • 古いもの:買い替えたときに残っていた金額が費用になる
  • 新しいもの:新たに減価償却費を始められる
 と2種類の費用が計上できることになります。

 ただし、新しいものは、特に決算の直前で買うと、ほとんど減価償却費を計上できないことも多いので、そこだけ気をつけてくださいね。

 たとえば、車のように下取りしてもらえるものもありますが、このとき交渉するのであれば、下取りの金額を高くしてもらうのではなく、新しく買うほうを値引きしてもらってださい。

 なぜなら、
  • 下取りの金額が高くなる ⇒ 廃棄の費用が少なくなる(場合によっては利益が出る)
  • 新しく買うものを値引き ⇒ 減価償却費が少なくなる
 という差が出るからであって、効果だけもっと簡単に言うと、
  • 下取りの金額が高くなる ⇒ 今年の節税の影響が小さくなる
  • 新しく買うものを値引き ⇒ 数年間少しずつ節税の影響が小さくなる
 ということになるからです。

 節税の観点から考えると、費用は少しでも早く計上しておくべきですので、影響が出るのに時間がかかる新品の値引きを選ぶべき、ということです。

 念のため、これらの効果を表にしてみました。

節約社長

 なお、「下取りしてもらえる=自社に有利になる」ということですから、節税の影響自体はどうしたって小さくなりますのでご注意を!

 値引きしてもらうことによって、その影響を少しでもあとに延ばすことができる、ということです。

必要ないけれど廃棄するのが面倒くさい時は「有姿除却」
次のページへ >>

2016年12月13日

節税 固定資産 固定資産台帳 有姿除却 固定資産の破棄

谷口 孔陛
谷口 孔陛谷口孔陛税理士事務所

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。