節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

「夜10時就寝・朝4時起き・大都市圏」で“やる気”さえあれば儲かる確率が高い商売

「夜10時就寝・朝4時起き・大都市圏」で“やる気”さえあれば儲かる確率が高い商売
 起業を考える人の典型的な悩みに、「やる気はあるんだけれど、何をしたら良いかわからない」というものがあります。本稿では、そのような悩みを抱えた起業家予備軍に向けてキミアキ先生が、「夜10時就寝・朝4時起き・大都市圏」という条件と、やる気さえあれば儲かる確率の高い商売を教えてくれます。

大都市圏なら成功確率の高い商売があります!

 今日は「やる気だけで起業する」という話をしてみたいと思います。

 今日のネタは、東京だと必ず出来ますし、大都市圏なら大体どこでも出来るんじゃないかな?と思う起業ネタです。

 起業相談に乗っていると、「やる気だけはあるんです!」「だけど、何をやったら良いのかわからないんです!(爆)」っていうのが、とても多いんですけれども。

 だったら、商売の勉強になるっていうことで、一つのビジネスモデルを紹介しましょう。

朝5時に営業を始める飲み屋で起業はいかが?

 今回紹介するビジネスをやってみようと思う人には、絶対に譲れない2つの条件を守ってもらう必要があります。

 それは、
  • 夜の10時に寝て
  • 朝の4時には起きる
 という条件です。

 何をやるかって言うと、朝の5時から飲み屋をやってください(笑)

 「エッ!そんなの出来ないよ〜」と一瞬思った人は、「結局やる気も無いんでしょ」という話ですよ。

 やる気ある!やる気ある!って言っても、商売やろうと思ったら、これくらいやりきる気持ちが無いと続きません。

大都市で朝営業する飲み屋はライバルが少ない

 じゃあ、朝の5時からなんで飲み屋をやるかというと、他の飲み屋さんは皆、夕方の5時から営業を始めるんですね。

 ところが、東京を始めとする大都市圏っていうのは、夜勤の方がものすごい数いますよね。

 ですから、その人達向けにサービスするんです。

 なぜ飲み屋が良いかというと、夜に飲み屋をやる人達って、基本的に朝が弱い人達が多かったりします。

 私の事務所拠点がある中央線沿いだと、商店街とかに結構な数の飲み屋があるんですけれど、朝5時からのお店をやっているところって、1軒くらいしかないんです。

 こんな感じで、大都市圏の朝型飲み屋って、ライバルが本当に少ないんですね。

朝型飲み屋のターゲット層は深夜に働く人達
次のページへ >>

2016年12月8日

起業 飲み屋 朝型

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。