節約 社長
株式会社iCARE
株式会社iCARE

ホームページ

2016年のインフルエンザはめちゃ手強いぞ!企業の事前対策3選

2016年のインフルエンザはめちゃ手強いぞ!企業の事前対策3選
 2016年のインフルエンザは、かなり手強そうです。東京都の発表によると、都内のインフルエンザ定点医療機関からの第46週(11月14日から11月20日)の患者報告数は、既に流行開始の目安となる定点当たり1.0人を超えています。本稿は、今年のインフルエンザ傾向と企業が事前に実施すべき3つの対策をお伝えします。

2016年冬のインフルエンザはかなり手強そう

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスを原因とする呼吸器感染症のことを指し、おおむね1~3日の潜伏期間後に、発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、咳、鼻水などの症状が現れます。

 いわゆる風邪によく似た症状ですが、風邪と決定的に違うのは、局所的ではなく全身に症状が表れる傾向が強い事です。

 また、38度以上の高熱が出る事が多く、中には急性脳症や肺炎を引き起こし、死に至る原因となる場合もあります。

 2016年のインフルエンザ発症状況ですが、実は9月の時点で既に、東京や千葉などの小学校で学級閉鎖になったことが報告されています。

 9月と言えば、まだ残暑も厳しい季節で、この時期にインフルエンザが流行ることは誰もが予想だにしていない状況です。

 実際、インフルエンザの予防接種を医療機関が開始するのは例年10月以降殆どであり、この時期に感染者が出るのは異常な話。

 上記の事例では、インフルエンザに弱い児童だけではなく、大人の教員が感染していることも報告されています。

 こうしたことから、今年のインフルエンザは早い時期から流行することが予想されていました。

 実際の調査でも2016年10月最終週から患者数が急増していることが判明しています。

 患者数で確認すると、2015年の同じ時期に比べて4.7倍に増えていて、例年より流行の拡大が懸念されています。

 また、東京都内のインフルエンザ定点医療機関による第46週(11月14日から11月20日)の患者報告数は、流行開始の目安となる定点当たり1.0人を超えています。

2016年に流行が予想されるインフルエンザの型

 次に、今年流行するインフルエンザウイルスの種類について、ご説明しましょう。

 インフルエンザの季節性と呼ばれるウイルスは、
  • AH1pdm09
  • AH1亜型 (Aソ連型)
  • AH3亜型 (A香港型)
  • B型
 の4種類にわけられます。

 どのタイプのウイルスが流行するのか、流行する時期や症状はその年によって変わってきます。

 2016年11月現在、最も流行しているのは、AH1pdm09とAH3亜型の2種類のウイルスです。

 AH1pdm09は2009年に大流行した新型インフルエンザウイルスの事で、現在はワクチンも作られてA型の一種として扱われています。

 症状もA型と同じで、高熱や倦怠感、筋肉痛が主な特徴です。

 AH3亜型は1968年に大流行したタイプで、こちらも今はA型の一種として扱われています。

 症状は他のA型と大きな違いはありませんが、5歳未満の子どもに感染しやすいとされており、小さいお子さんがいる家庭では特に注意する必要があります。

 今年は、現時点までにB型に関する流行情報は出ていませんが、毎年A型の流行が落ち着いた1~3月頃に感染が拡大する傾向があります。

 A型に比べて症状が軽いと言われますが、腹痛や嘔吐、下痢などの消化器系の症状が現れます。

 一度感染すると免疫がつくと考えられていますが、人によっては1シーズンでA型に感染した後にB型に感染してしまう人もいるため、気温が寒い季節の健康管理をしっかり行う事が大切です。

企業が事前に取っておくべき3つの対策とは?
次のページへ >>

2016年12月8日

就業規則 予防 節約 2016 インフルエンザ

株式会社iCARE
株式会社iCARE

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

株式会社iCARE さんへ問い合わせ

問い合わせ