節約 社長
景浦支勝
景浦支勝人事・労務のエキスパート

意外に簡単〜人気が殺到する補助金の採択率を劇的にあげる方法

意外に簡単〜人気が殺到する補助金の採択率を劇的にあげる方法
 補助金は採択率が5%弱というものがあるほど、狭き門の場合があります。自社に見合う補助金を見つけることができたとしても、これでは採択されないのでは?と意気消沈してしまう方もいるかもしれません。しかし、補助金の採択率を劇的にあげる方法が一つあります。それは、すぐに申請することです。実際の統計からその理由を説明いたします。

補助金の種類をザクッとおさらいしてみよう

 経営者にとって、変換する必要がない資金調達手段として、補助金の存在は大きな力になります。

 まず、一番手としてあげられるのは、創業・第二創業促進補助金です。

 創業補助金は、2013年4月にスタートしたばかりの補助金制度ですが、第一次創業時の経営者は採択されると200万円を受け取ることが可能です。

 さらに、ものづくり補助金は毎年実施されている、言わば定番の補助金制度で、これも人気があります。

 「ものづくり」とありますが、製造業限定と言うわけではなく、意外と範囲が広いのが特徴です。

 額は小さくなりますが、これら二大補助金についで、キャリアアップ補助金や、小規模事業者持続化補助金なども、人気のある補助金と言えるでしょう。

補助金申請の採択率をあげる方法は意外に単純

 さて、自分に見合う補助金を見つけることができたとして、実際のところの「合格率」、つまり、実際に審査を合格し、補助金を獲得できる確率はどれくらいなのでしょうか?

 各補助金について発表される統計を見ると、ものづくり補助金の採択率は毎年40%前後で推移しておりましたが、今年は32%にガクンと採択率が落ちました。つまり応募者の3件に2件は、「不合格」となっているのです。

 更に、創業・第二創業促進補助金に至っては、平成28年度は応募総数2,866件、採択総数136件、採択率はなんと4.7%程度であり、20社に1社しか採択されない狭き門となっているのです。

 では、この狭き門をくぐり、補助金の採択率を上げる方法はあるのでしょうか?

 実はあります。それは、「すぐに申請する」ということです。

 実例を挙げて考えてみます。

 中小機構が平成25年に発表した創業補助金の採択率と申請数の推移を見ると、第1回募集の前半:87%、後半:87%(申請数は合わせて約600)、第2次の前半:85%、後半:79%(申請数は合わせて2,500)、第3次の前半:56%、後半:27%(申請数は合わせて10,000以上)でした。※

 つまり、最初に応募したほうが、採択率は上がったのです。

日頃から公募日程をチェックし誰より早く提出

 ご存知の通り、補助金制度の申請期限は複数回設けられているところがあります。

 その年度における補助金公募が始まったばかりだと、制度を知らなかったり、申請書の作成に手間取ったりして申請数が少なめとなり、それに伴って合格率が上がる傾向にあります。

 採択率を上げるためには、機会が到来したらすぐに行動できるように、日頃から考え、準備しておくことが「勝負の鍵」と言えます。

※中小機構 平成25年度補正 創業補助金(創業促進補助金)
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/sogyo/index.html

2016年12月5日

補助金 創業補助金 ものづくり補助金 中小企業応援ファンド 採択率

景浦支勝
景浦支勝人事・労務のエキスパート

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。