節約 社長
佐藤  明紀良
佐藤 明紀良

欧州では当たり前“日本経済の起爆剤”になりうる社会的企業とは?

欧州では当たり前“日本経済の起爆剤”になりうる社会的企業とは?
 社会的企業とは、公共団体(国や地方自治体)と民間団体(一般の営利企業)と慈善団体(NPO法人や協同組合)のそれぞれの事業が重なり合う部分について、事業を行うことで収益を得る企業を指します。欧州で90年代初めから現れた、新しい企業体は果たして日本に定着するのでしょうか?

ここ20年の間に欧州で発展をとげる社会的企業

 1997年イギリスにブレア労働党政権が誕生した時、イギリス国内の貧富の差は戦後最悪の状態でした。

 このように限られた財源の中で、格差の是正と公共サービスの充実を図るために、イギリス国内で台頭しはじめたのが「社会的企業(ソーシャルエンタープライズ)」です。

 社会的企業についてわかりやすく説明すると、公共団体(国や地方自治体)と民間団体(一般の営利企業)と慈善団体(NPO法人や協同組合)のそれぞれの事業の重なり合う部分を持つ企業と言えるでしょう。

 欧州で90年代初めから現れたたこの企業体は、今日、イギリスをはじめとし、イタリア、スペインでも急増しており、日本国内でも若干認知され始めています。

社会的企業が事業内容を通じて担う3つの役割

 社会的企業は、その事業内容を通じて、主に以下3つの役割を果しています。

公共団体的な役割

 障害者やホームレスを雇入れ、医療や教育などの公共的サービスを事業化する

民間団体的な役割

 新しいビジネスを開拓して利益を求める

慈善団体的な役割

 地域社会に貢献するという目的を持ち、利益は社会の為になるように投資する

 また、社会的企業は、失業中の若者や薬物中毒者だった人や障害者も積極的に雇用し、運営資金の60~80%を事業収入で得た上で、残りは国などの補助金でまかなう仕組みを構築しています。

 彼らがどのような事業を展開しているかご紹介すると、
  • 飲食業の訓練をして国家認定資格を取得させ、飲食店に斡旋する職業訓練施設の運営
  • 特定ホテルやスポーツチームの専属のクリーニング会社
  • 廃材を利用して安い家具を作り小屋を建てて販売する建築会社
 などがあげられます。

 一方。地方では、風の強い地域に風力発電機を建て、地元に安い電力を供給する電力会社や、地域の医師達が曜日ごとに出向き時間外診療を行
う会社などもあります。

日本国内でも社会的企業の存在が常識となる日は来るか?
次のページへ >>

2016年12月6日

曽我部健男 社会的企業 人工知能など第4次産業革命 健康立国 環境エネルギー投資の拡大 スポーツの成長産業化 中古住宅リフォーム市場の整備 サービス産業の生産性向上 観光立国 農業改革輸出促進 公共分野での民間資金活用 消費マインド喚起

佐藤  明紀良
佐藤 明紀良

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。