節約 社長
弁理士 渡部 仁
弁理士 渡部 仁将星国際特許事務所 所長

ホームページ

“キットカット”や“ネスカフェ”に用いられる「個別ブランド方式」とは?

“キットカット”や“ネスカフェ”に用いられる「個別ブランド方式」とは?
 「ネスカフェ」と言えばコーヒーブランドで、「キットカット」と言えばチョコレートのブランド。これは多くの人が知るところですが、両者を販売する会社の名前をパッと思い浮かべられる人はあまりいません。2つのブランドは共にネスレ株式会社のブランドです。ネスレが採用する「個別ブランド方式」のメリット・デメリットをご紹介します。

マスターブランド方式のメリット・デメリットをおさらい

 こんにちは。弁理士の渡部です。

 以前、「BMWが自社名を全面に打ち出すワケ〜マスターブランド方式のメリットとデメリット」という記事の中で、会社名を全面に打ち出すブランド戦略として、「マスターブランド方式」をご紹介しました。

 マスターブランド方式を採用するメリットは、企業ブランド名という1つのブランド名をPRすることに対して、集中的に投資できるため、ブランドのPR効率が良いことです。

 ただし、このブランド方式には、「商品のエッジがぼやけてしまう」「一つの商品で起きた風評被害が会社全体にリスクを及ぼす」というデメリットも存在します。

 そこで本日は、もう一つのブランド名を表示する方式として、個別ブランド方式をご紹介します。

 マスターブランド方式と対極関係にある方式ですので、マスターブランド方式と比較しながら考えていただくと、理解しやすいでしょう。

個別ブランド方式の代表例となる企業「ネスレ」

 個別ブランド方式は、その企業の製品やサービス又は広告等においてブランド名を表示する場合に、プロダクトブランド名(製品名)を全面に押し出す方式をいいます。

 個別ブランド方式を採用する代表的な企業の例をあげると、ネスレをあげることができるでしょう。

 ネスレは、自社製品「コーヒー」をPRする場合、企業ブランド名「ネスレ」よりも、プロダクトブランド名「ネスカフェ」を全面に押し出してPRを行っています。

 また、自社製品「チョコレート」をPRする場合も、企業ブランド名「ネスレ」よりも、プロダクトブランド名「キットカット」を全面に押し出してPRを行っています。

 「ネスカフェ」「キットカット」いずれも皆さんご存知だと思いますが、「ネスレ」という会社が販売していることは、パッとひらめきませんよね。

 同じように個別ブランド方式を採用している企業としては、ファーストリテイリングも有名です。

 ファーストリテイリングは、ユニクロ、GU、セオリーなど、個別ブランドで認知を図っています。

個別ブランド方式のメリットとデメリット
次のページへ >>

2016年12月2日

ネスレ ネスカフェ キットカット マスターブランド方式 個別ブランド方式 ブランド

弁理士 渡部 仁
弁理士 渡部 仁将星国際特許事務所 所長

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。