節約 社長
大場保男
大場保男中小企業診断士

ホームページ

営業やりたくねー!売ることに対するメンタルブロックはどうしたら外れる?

営業やりたくねー!売ることに対するメンタルブロックはどうしたら外れる?
 「営業やりたくねー!お客様に断られるの嫌だし、本当にこの商品が良い商品かもわからないし…」サラリーマンであろうと、経営者であろうと、多くの営業マンが営業することに対するメンタルブロック(心理的な拒否反応)と戦っています。どうしたらメンタルブロックを外して、営業活動を行えるのでしょうか?

販売を阻害する自らのメンタルブロックとは?

 私は30代の頃、化粧品の訪問販売のセールスをやっていましたが、結論から言うと“全く売れないダメセールスマン”でした。

 なぜ、私がセールスをやっていたのか?理由は簡単で部署変えがきっかけで、営業をやることになった塩梅です。

 化粧品会社に入社して、私は主に企画や教育畑を渡り歩いていました。

 ところが入社10年目に販売研修所に入れられて、2年間のセールス実習をやることになったのです。

 化粧品の訪問販売ですから、毎日、「ごめんください、〇〇化粧品です」と言って、一般住宅を飛込みセールスです。

  なんで俺がこんなことをやらなければならないのか?

 そんな不満を持ちならば、セールスをやっていました。

  いきなり「ごめんください」と言って訪問すること自体が、相手に対して迷惑ではないか?

  しかも、高い化粧品を売りつけるなんてとんでもない!

 こんなことばかり考える私に、商品なんて売れるはずがありません。

 その当時の私には、“売ること”に対する強烈なメンタルブロック(心理的な拒否反応)が掛かっていたのです。

起業したら販売せずに事業は成り立たない!

 苦しい2年間を終え、私は再び企画や教育の仕事に戻り、セールスの仕事をやる必要はなくなりました。

 サラリーマンなら、セールスや営業の仕事が嫌なら、他の仕事がいくらもあります。

 しかしながら、起業したら自分はセールスや営業はやりたくない、という訳にはいかないのです。

 自分の商品やサービスを販売しなければ事業は成り立ちません。

 でも、多くの人が起業した後も“売ること”に対してメンタルブロックの障壁にぶつかります。

 そこで今回は、メンタルブロックをいかにはずしていくか?について考えてみたいと思います。

メンタルブロック1:「売ること=悪いこと」と考えていること

 セールスをやっていた頃の私がそうでしたが、実は多くの起業家も「売ること=悪いこと」という心理を抱いていると言われています。

 私の場合だと、この状態から脱却するのに成功したきっかけとして、玄米を原料にしたサプリメントが会社で新発売されたことがありました。

 この商品はけっこう売ることができました。

 以前から健康食品に興味があり、玄米は身体にとても良いと信じていたので、これを売ることには抵抗がなかったからです。

 メンタルブロックが外れた私は打って変わり、お客様にサプリメントを積極的に勧めるようになっていました。

 本当に販売する商品のことを理解し「売ること=悪いこと」ではなく、「売ること=人の役にたつこと」に変換することによって、メンタルブロックをはずすことができたのです。

メンタルブロック2:「断られる=人格の否定」と考えていること
次のページへ >>

2016年12月1日

メンタルブロック 営業 起業家 経営者

大場保男
大場保男中小企業診断士

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

大場保男 さんへ問い合わせ

問い合わせ