節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

“使える助成金”は「目的意識」を明確化することで絞り込める

“使える助成金”は「目的意識」を明確化することで絞り込める
 助成金は、銀行融資と異なり返済する必要がない、「人」に関して必要なお金を賄う資金調達手段ですが、政府や自治体が設けるものを合わせると、常時100種類以上存在します。従って、自社の経営において最適な助成金を見つけるのは至難の技です。自社に最適な助成金を見つけるためには、助成金で何を達成するのか?「目的意識」を明確化する必要があります。

終身雇用が崩れる中で政府や自治体は助成金制度に力を入れる

 助成金は、銀行融資と異なり返済する必要がない、「人」に関して必要なお金を賄う資金調達手段です。

 我が国では長い期間に渡り不況が続いている為、企業がリストラをして雇用が維持できない状態が続いています。

 以前ならば、大学を卒業して、ひとつの企業に定年まで勤めることが一般的でした。

 終身雇用できる環境であったからこそ、企業側と労働者は安心して業務を行うことが可能でした。

 しかし、デフレにより物が売れなくなり、企業はコスト削減を第一に考えて、人員のリストラをするようになりました。

 これに危機感を感じた政府や自治体は、雇用の安定を図る為に助成金制度に、より一層の力を入れています。

使える助成金は「目的意識」を明確にすることで見つかる

 助成金は、政府や自治体が設けるものを合わせると、常時100種類以上存在します。

 ところが、自社の経営において最適な助成金を見つけるのは至難の技です。

 まずは、何に対してお金が必要なのかをまず決めなければなりません。

 雇用を維持する為に設備投資費用がほしいのか、新規雇用をする為の費用がほしいのか、など明確なものを決めることでかなり数を絞ることができるようになります。

 ある程度数を絞れたら、どのような手続きをすれば受け取れるのか、など諸条件を確認していきます。

 一見すると面倒な工程にも思えますが、目的意識を明確にすることが最も確実な選択方法です。

助成金の手続きは時間をお金で買い効率的に行おう

 助成金を上手く活用することは、雇用の安定を生み出します。

 確かに銀行融資よりも手続きが面倒な場合もありますが、広く一般に活用してもらう制度なので、ある程度面倒な手続きもやむを得ないことかもしれません。

 このような時は、弁護士や行政書士に相談をしてみるのもひとつの方法です。

 代行料を支払わなければなりませんが、彼らは面倒な手続きを全て代行してくれます。

 経営者は必要な書類を窓口に提出をして、担当官からの質問をされる内容に答えるだけです。

 面倒だから諦めるのではなく相談をしてみましょう。

2016年11月30日

助成金 企業 代行

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。