節約 社長
株式会社iCARE
株式会社iCARE

ホームページ

聞くに聞けない〜心のこもったお歳暮を贈る際に気をつけたほうが良い4つの注意点

聞くに聞けない〜心のこもったお歳暮を贈る際に気をつけたほうが良い4つの注意点
 日頃からお世話になっている取引先へ暮れの時期に贈るお歳暮は、江戸時代からビジネスを円滑にすすめるためのツールとして利用されてきました。お歳暮を気持ち良いコミュニケーションツールとして活用するために、注意しておいたほうが良い点を4つご紹介いたします。

会社を始めた経営者の基本〜お歳暮を贈ろう

 お歳暮は、日頃お世話になっている人や取引先に、感謝の気持ちを込め「これからもよろしくお願いします」という気持ちを込めて贈るプレゼントです。

 お歳暮の由来の一つは、江戸時代に遡ります。

 もともと江戸時代の商売では掛け売りが習慣でした。

 そこで、盆と暮れに半年分の支払いをまとめて行う際に、仕入先などに贈り物も持って行ったことがお中元やお歳暮の由来のひとつに数えられています。

 このように、ビジネスとお歳暮の関係は切っても切れないものです。

 さて、ここで聞きたくても人には聞きにくい、お歳暮を贈る際に気をつけておきたい疑問点をチェックしていきましょう。

1)お歳暮って必ず贈らないとダメですか?

 お歳暮は必ず贈るべき「決まり事」ではありません。

 会社が経済的に厳しい状況の時なら、無理に品物を贈らなくても、心よりの感謝を表した書状を送った方が良い場合もあるでしょう。

 お中元とお歳暮を必ず両方贈らなくてはならないという決まりもありませんし、どちらか1回にしたい場合には、1年間のお礼の意味と半年間のお礼の両方の意味を持つお歳暮を贈れば良いでしょう。

2)お歳暮を贈るのを忘れたらどうしたら良いですか?

 また、なんらかの理由で、お歳暮の時期に間に合わず贈れなかった時や、あまりの忙しさに忙殺されて贈り忘れていた時は、のしの表書きを「寒中お見舞い」または「寒中お伺い」として、お歳暮を贈れば良いでしょう。

 贈る時期は、12月20日過ぎから年末までと、松の内を過ぎた1月8日から立春までの間となりますが、贈り先が会社の場合は年末の多忙な時期を避けるといった心遣いが必要になってきますので、年が明けてからの方がベターです。

3)お歳暮で毎年同じものを贈るのって変ですか?

 品物選びについては、オフィスに贈る場合なら、多人数で分けやすい個包装された菓子や、コーヒー、紅茶といった物が好ましいでしょう。

 社長お一人だけに贈るものは、そのために取り寄せた珍しい物や、贈る側の会社所在地の特産品、社長の好みの物が分かっていればその品物を選んでも好印象につながります。

 意外なことに、毎年同じ物を贈るのもプラスの印象付けとなりやすく、取引先に「いつもあの美味しいお菓子を贈ってくれる会社」というイメージで覚えてもらえます。

 つまり、企業におけるお歳暮は、細かな気遣いひとつをプラスするだけで、その後の業績アップにつながる可能性を持った、大切な贈り物と言い換えることもできるのです。

4)お歳暮で相手が困ってしまうパターンってありますか?
次のページへ >>

2016年12月1日

お歳暮 マナー 社長

株式会社iCARE
株式会社iCARE

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

株式会社iCARE さんへ問い合わせ

問い合わせ