節約 社長
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)走る税理士・すずき会計代表

ホームページ

1次会「OK!」2次会「うーん」3次会「アウトぉ!」忘年会の経費はどこまで福利厚生費扱い?

1次会「OK!」2次会「うーん」3次会「アウトぉ!」忘年会の経費はどこまで福利厚生費扱い?
 忘年会のハイシーズンに入りました。1次会の居酒屋では折り目正しく「今年もお疲れ様でした!」と乾杯、2次会のカラオケではやや砕けて「おつかれちゃーん」で乾杯、3次会のキャバクラともなれば「今夜はいっちゃうぜ〜」とノリノリで乾杯。さて、これって全て福利厚生費で経費処理できると思いますか?福利厚生費の計上基準から考えてみましょう。

忘年会の費用って全て福利厚生費で処理できるんじゃないの!?

 すっかり忘年会シーズンに突入しましたね。

 この季節に入ると、

  「会社の忘年会なんだから福利厚生費になるでしょ?」(しゃちょー)

 社内で行う忘年会の経費について、単純にこう考えている経営者の方が多いようです。

 ところが、忘年会の経費は福利厚生費として処理するために、2つのポイントをクリアしておく必要があるんです。

 うっかり、余計な税金を支払わぬために、本日は忘年会の経費を福利厚生費で処理するための方法をご紹介します。

忘年会の費用を福利厚生費で処理するために抑えたい2つのポイント

 それではまず、忘年会の費用を福利厚生費として処理するために必要な、2つのポイントを整理していきましょう。

ポイント1:会社のスタッフ全員が参加できる忘年会であること

 忘年会の経費を会社の経費(福利厚生費)として処理するためには、会社スタッフ全員が参加できる状態にあったのかどうか?というポイントに注意が必要です。

 ここで着目したいのは、参加者が「社内の全員」というトコロです。

 一部の人間だけで行うような忘年会は、会社の経費にできないのが原則です。

 例えば、「役員だけ」とか「一部の幹部だけ」とかいったように、一部の人間だけで行うような忘年会は、基本的に福利厚生費として経費算入ができません。

 もちろん、会議のために行うのであれば「会議費」という別の名目で経費にすることは可能です。

 あくまで「おつかれちゃーん」といったような飲み会であれば、経費で処理することは認められません。

 そうはいっても、個人的な都合で参加できない人もいますよね。

 例えば、飲めない人をムリヤリ飲み会の場に連れてきたりしたら、今の時代だとパワハラやアルハラで訴えられることだってあり得ます。

 従って、タテマエは全員参加ということが基本ですが、個人の都合で来れない人がいる場合は、「全員参加でなくてもOK」ということになっています。

 ポイントは、全員に「忘年会に来てね♪」と声をかけて参加できる状態にしておくことです。

 規模の大きな会社の場合には、基本的に「全員参加」という状況を作るのが難しいと思いますから、部や課の単位で考えてもOKです。

 その場合には「あくまで会社の行事としてやったんだよ~」というカタチを残しておくことをお忘れなく。

ポイント2:ゴージャスになりすぎていないか?

  「忘年会くらいパーッとイカンと景気も良くならんよね!」

 気持ちはわからないでもないですが、いくら会社の経費で飲みに行くからと言って、際限なくお金を使っても良いわけではありません。

 あくまで認められるのは「社会通念上考えて妥当な金額」ということになっています。

 じゃあ、「金額的にここまでならOK」という明確なラインは定められているのか?といえば、答えは「NO」です。

 この場合は、常識的に考えて普通の飲み会程度であれば大丈夫です。だいたい目安としては1人5,000円程度と言われています。

 お店によっては6,000円、7,000円と予算が高くなっていくところもありますので、「5,000円を超えたから絶対にダメ」というわけではないのですが、あまりにも高額なお店だと全額を会社負担というのは難しいですね。

 あまりにも高すぎる場合には、お給料として社長やスタッフなど、参加者に税金(所得税)を負担してもらわないといけなくなります。

 なにごともホドホドにしておくのが無難ということです。

1次会「OK!」2次会「うーん」3次会「アウトぉ!」
次のページへ >>

2016年11月30日

忘年会 経費 節税 福利厚生費

鈴木 一彦 (すずき かずひこ)
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)走る税理士・すずき会計代表

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

鈴木 一彦 (すずき かずひこ) さんへ問い合わせ

問い合わせ