節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

真田幸村のオヤジ・昌幸の致命的な欠点から世代交代の時代を生き抜く知恵を学べ

真田幸村のオヤジ・昌幸の致命的な欠点から世代交代の時代を生き抜く知恵を学べ
 日本は成熟社会へと移行しており、これに伴い世代交代が各所で起こっています。時は戦国時代、真田幸村の父であり、名将の呼び声高い真田昌幸は、抜群に頭がキレたにも関わらず、旧勢力の側に付く致命的なミスを繰り返しました。今の時代を生き抜くためには、時代の流れを読み、旧勢力と新勢力を明確に見極め、新勢力に付く能力が求められます。

成熟社会・人口減少社会で世代交代がリアルに

 ここ最近、世代交代が起こっていく風景を仕事上でよく見ます。

 そういうのを見ていると、我々も生き残って行かなくてはいけない、って感じるわけですね。

 特に日本は、成長社会から成熟社会になりました。

 私もセミナー講師をやる機会が多いのですが、実は1番最初に成熟社会のセミナーをやったのは、もう十数年前なんですね。

 その頃から「これから成熟社会になって行く!」「人口は減少していく!」というお題を与えられましてね。

 その中でどうやって生き残っていくか!?って言ったって、当時は全く実感が湧かなかったんです。

 ところが、今は同じような形でセミナーをすれば、中小企業の社長さん方も結構来てくれるネタになったわけでございます。

歴史は常に新勢力が旧勢力を倒す構図で成立

 会計事務所だと、世代交代を感じるのは相続が起こる時です。

 人が亡くなって、下の世代が、親御さんが持っていた賃貸用のアパートやマンションを相続することによって、不動産賃貸業を自分が始めると。

 しかし、今は相続がかなり遅いわけで、引き継ぐ側が不動産賃貸業を始めるのが60代とか、本当にザラなんですよ。

 東京は不動産賃貸の街なので、人が亡くなったら、必ず誰かが引き継ぐわけなんですけれども、「60歳過ぎてから、引き継ぐことになったよ」ってなります。

 ですから、世代交代が起こったとしても、旧世代から旧世代に移る感じでなんですね。

 ところが、歴史上の勢力図では、必ず旧勢力を新勢力が倒していくっていう構図が、いつの時代も成り立っているわけです。

 今話題なところで分かりやすく例えて言うと、NHKの大河ドラマ『真田丸』なんかもそうです。

 ドラマの主人公である真田幸村は、最期は徳川の本陣に突撃をして亡くなる「日の本一の強者」といわれた人なんですが、その親父は真田昌幸です。

 この人が凄まじく頭がキレる人で、謀略の限りを尽くすっていう感じで、頭は抜群にキレるんです。

 けれども、昌幸には致命的な欠点があります。

 彼には大局が見えていないんですよ。それで、常に旧勢力側についてしまいます。

 武田、上杉、豊臣と。

 要するに、真田昌幸は負けてばっかりなんです。

 結局は流刑で、九度山というところに流されて生涯を閉じます。

 旧勢力側につく、この考え方なんですよね。

 そこが歴史の面白いところで、結局のところは、大局が見えなかった人だったんだなって、そういう結論にならざるを得ないわけです。

昭和に出来た組織は新旧どちらか?答えは明白

 このように、歴史の節目節目は、必ず新勢力側が旧勢力側を倒しているんですね。

 じゃあ、我々はどっち側の味方につくのか。って話になるんです。

 そうなると、歴史上の流れを考えている人は、常に新勢力側についていこうとするわけです。

 「そうしたほうが良いって、色んな歴史が証明しているよな〜。」って話なんですね。

 そう考えると、日本で昭和に出来た組織は新か旧か、皆さんもよくおわかりになりますよね。

 絶対”旧”勢力ですよ。というか今って、もう平成28年ですからね(笑)

 ですから正直言うと、昭和に出来た組織なんてあまり怖くないですよ。

 確かに組織としては大きいですけれども、あまり怖い組織では無い。

 我々の世代でも「自分が戦国時代に生まれていれば本当に1戦交えたかった!」みたいなことを言う人っています。

 自分の軍勢を持ってみたかったなぁ〜って。

旧世代の代表格:製造・建設工事の下請業界
次のページへ >>

2016年11月24日

戦国時代 真田丸 真田昌幸 真田幸村 新勢力 旧勢力 金融円滑化法 昭和 相続

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。