節約 社長
大場保男
大場保男中小企業診断士

ホームページ

あなたが本当に人生をかけてやりたいことを見出す『自分年表作り』

あなたが本当に人生をかけてやりたいことを見出す『自分年表作り』
 人はそれぞれの価値観によって、日々の行動を選択します。その中でも、“Want to” (やりたいこと・好きなこと)に基づいて選択された行動は、人生を豊かにし、ビジネスの成功確率も高めてくれるものです。もしも、自分にとっての “Want to” がわからないなら、お勧めしたいのが自分の「年表」を作成することです。

人はそれぞれの価値観で毎日の行動を選択する

 今夜もそうでした。

 妻はスポーツ番組を見ていましたが、私は別のテレビで歴史番組を見ていました。

 妻は自分でスポーツをやるのは苦手ですが、野球やテニス、サッカーなどを見るのが大好きです。

 対して私は、歴史ものが大好きで、歴史小説や歴史番組に夢中になっています。

 どのテレビ番組を見るか?ということに留まらず、私たちは毎日の行動を自らの価値観に基づいて選択しています。

 そして、「好き」という価値観に基づいて行う行動は、非常に良いものだと言えます。

 なぜなら、自分の「好き」という価値観に基づいた行動をしていれば、ワクワクした毎日、ワクワクした人生を歩むことができるからです。

自分の価値観に合った仕事は成功に繋がり易い

 人生の目的を見つけ、進むべき道を明らかにしようとする場合には、自分の価値観の優先順位について知る必要があります。

 しかし、私たちは自分の人生の目的や、どんな仕事で起業するのかを検討する場合、自分の価値観を見極めることの重要性をあまり意識していません。

 ドクター・ディマティーニは、多くの人が次の2つの賢明ではない選択をしていると言っています。

その1

  • 本当に望んでいるのではないことにしがみついている

その2

  • 自分以外の誰かの価値観に合わせている

 私自身の人生を振り返ってみても、確かに思い当たることが多々あります。

 なぜ、私達は賢明ではない選択を行ってしまうのでしょうか?

 それは、“Want to” ではなく “Have to” で考えてしまい、「やりたい」ではなく「やらねばならない」から発想してしまう癖がついているからです。

 自分の本当の価値観に従うなら、思考も “Want to” であるはずです。“Want to” の人生ならば、ワクワクして生きていくことが出来ます。

 “Want to” で起業すれば、生き甲斐を感じることができ、高いモチベーションのもとで仕事に集中できるため、夢の実現につながる、つまり成功する確率が高くなります。

自分にとっての“Want to” を見つける方法とは
次のページへ >>

2016年11月22日

価値観 自己実現 やりたいこと 起業

大場保男
大場保男中小企業診断士

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。