節約 社長
谷口 孔陛
谷口 孔陛谷口孔陛税理士事務所

ホームページ

エアコンの取付費用はエアコンと一緒に減価償却しなくちゃダメ!?

エアコンの取付費用はエアコンと一緒に減価償却しなくちゃダメ!?
 30万円未満の少額資産を購入すると、その資産を購入・使用開始した年度に一括して費用計上が可能です。ところが、例えばの話で、会社用にエアコンを購入して、本体代金が28万円、取付費用(付随費用と呼ばれる)が5万円だとしたら、計33万円と30万円オーバーになるため、特例は使うことができないのでしょうか?

少額減価償却資産の特例活用!だったはずが付随費用でズッコケ

 30万円未満の少額資産を購入した場合、“少額減価償却資産の特例”を適用して、購入・使用開始した年度に一括して経費計上することができます。

 例えば、貴方が「店につけるための業務用のエアコンを買おう」と考えたとします。

 インターネットでカチカチカチと検索したところ、ちょうど欲しかった規模のものが28万円で売っています。

  「やった、30万円未満だから一気に費用に落とせる!」

 あなたは喜びます。

 しかし、そのページをよく見ると「取り付け費用として別途5万円頂戴します。」と書いてありました。

 この取り付けのための費用は、もしエアコンを買わなければ支払う必要のないお金ですよね。

 モノを買った時に、一緒にかかる費用のことを「付随費用(ふずいひよう)」と言います。

 この付随費用は、残念な