節約 社長
大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

サムソンがハーマンを売上より高い金額で買収するのはなぜか?

サムソンがハーマンを売上より高い金額で買収するのはなぜか?
 サムソンが、売上70億ドルのアメリカの自動車部品メーカー・ハーマンを80億ドルで買収することが報道されています。ソフトバンクのARM買収も含め、買収金額が買収される企業の売上を上回るパターンが、ここ最近頻発しています。このような買収を行う時に、買収する側の企業が必ず行っていること、それはビジネスデューデリジェンスです。

サムソンがハーマンを80億ドルで買収した!

 サムソンがアメリカの自動車部品メーカー・ハーマンを買収すると報道されています。

 買収金額は80億ドル(約8,700億円)に対し、対象会社であるハーマンの売上が70億ドル(約7,600億円)となり、売上よりも高額の買収金額になります。

 この売上に対する買収金額をご覧になられて、読者の皆さんはどう考えますでしょうか?

売上より高額で企業買収を行う企業が必ず行うビジネスデューデリジェンス

 第一印象として、売上より高い金額で買収して大丈夫なのか?と感じていただければ、まず合格だと思います。

 しかし、ソフトバンクのARM買収に至っては、売上1,000億円強に対して、買収金は実に3.3兆円です。

 実は、買収金額が買収される企業の売上を上回るパターンが、ここ最近頻発しています。

 私は事業譲渡の交渉でアドバイザリーをする時、いつも買い手の経営者様に、
  • 買収後、
  • いつ、
  • 誰が、
  • 何をするのか?
 という点を明確にできるように、インタビュー・調査をしてください、と申し上げています。

 これは、ビジネスデューデリジェンス(精査)というもので、これ無しには企業評価も絵に描いた餅になってしまいます。

 ビジネスの判定ができていないと、財務や法務をいくら調べても意味がありませんし、買収金額を提案できません。

シナジーが明確にイメージ出来ない買収は「絵に描いた餅」

 売上よりも高い買収金額を提示できるということは、買い手がそのビジネスを何倍にも拡大し、稼げることが明確にイメージできていることを意味します。

 これを教科書的にシナジーというわけですが、いつ、誰が、何をするのかが明確でないものは、シナジーでもなんでもなく「絵に描いた餅」です。

 そうはいってもM&Aを行う際は、必ずリスクが伴います。

 サムソンのハーマン買収含め、必ずしもこういった案件がうまくいくとは限りませんが、売上より高額の買収金額を提示する場合、買い手が買収後の将来像が明確でない場合にはほぼ100%失敗します。

 サムソンは、買収後に売上、利益を何倍にできる具体的イメージがついているか、何も考えずに勢いで買ってしまったのかの2つに1つです。

 M&Aに成功しつづけている企業は間違いなく前者です。

Photo credit: Jami3.org via Visualhunt / CC BY-ND

2016年11月24日

サムソン ハーマン M&A 事業譲渡

大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。