節約 社長
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)走る税理士・すずき会計代表

ホームページ

忘年会シーズン突入!ところで酒税って何?酒税のドル箱はズバリ◯◯

忘年会シーズン突入!ところで酒税って何?酒税のドル箱はズバリ◯◯
 忘年会シーズンにいよいよ突入ですね。年末に向けてアルコールを摂取する機会が増えるわけですが、ここで思い起こしたいのが「酒税ってどんな税金?」という話題です。酒税ってどんな税金?酒税がかかる飲み物とかからない飲み物の境界線は?酒税のドル箱となっているお酒の種類は?忘年会で使える小ネタを満載でお届けいたします。

忘年会シーズンへ突入で思い起こす酒税の定義

 皆さんの会社も、そろそろ忘年会の企画を考え始めたところではないでしょうか?

 実は、私はもう税理士仲間での忘年会を済ませてしまいました。

 まだ11月ではありますが、私たちの業界は12月に入ってしまうと繁忙期になってしまうので、早めにやってしまおうというワケです。(おかげで少し二日酔いですが・・・(;´・ω・)アセ)

 これからの時期は、忘年会など「お酒を飲む機会」が多くなってくるかと思います。

 ここで純粋な疑問なのですが、お酒ってソフトドリンク等と比較すると、結構お値段が張りますよね。

 それは、お酒にかかる特別な税金「酒税」があるからなのです。

 そこで本稿は、「忘年会シーズンに考えたい酒税ってどんな税金なの?」という疑問にお答えしようと思います。

酒税って何なの?お酢に酒税がかからぬワケ

 酒税とは、その名前の通り「お酒に対して課される税金」で、付加価値税の一つです。

 酒税の対象となるお酒は「アルコール度数が1%以上のモノ」と言う規定が設けられています。

 ですのでアルコール1%以下のモノであれば、酒税の対象とはなりません。

 例えば、お酢などには0.2%ほどの微量なアルコールが含まれていますが、酒税の対象とはなりません。

 ちなみにアルコール1%のお酒は商品として存在していますが、アルコール0.99%の商品は存在していないようです。

 0.99%であれば「酒税がかからない商品」として存在しそうですが、今はどこのメーカーも作っていないようです。

 実は昔は0.9%程度のローアルコール飲料があったのですが、「お酒ではない」と勘違いして飲む人が多かったんですね。

 ですので現在は、アルコール度数ゼロのビールテイスト飲料が主流になっているそうです。

お酒は種類で税率が変わる!酒税のドル箱となっているお酒はどれ?!

 さて、一口にお酒と言っても色々な種類があります。

 ビールにワイン、日本酒にウィスキーやブランデー・・・

 アルコール度数1%以上であれば、どのお酒にも酒税はかかりますが、種類によって税率が変わります。

 例えば、同じビール系の飲料であっても、350ml缶1本あたり
  • ▼ビール・・・約77円
  • ▼発泡酒・・・約47円
  • ▼第三のビール・・・約28円
 と結構な差があります。

 ちなみに同じ量で比較すると、日本酒は約42円、ワインは約28円です。

 アルコール度数で比較するならば、ビールに対する酒税の割合が非常に高くなっています。

 ビールは、酒税のドル箱となっているんですね。

 ただし、最近では、これらのビールに対する課税を変えていこう、という動きが出ています。

 ビールと発泡酒、第三のビールなどは「発泡性酒類」というものに該当しますが、この税率についてすべて同じにしようという動きです。

 多少はビールに対する税金が少なくなるかもしれませんが、その代わり、発泡酒や第三のビールに対する税金は高くなることが予想されます。

 なんとかして税収を増やしたいんでしょうね。

酒税の税収が急減中。飲食ビジネスの今後は?
次のページへ >>

2016年11月21日

アルコール 飲食ビジネス 酒税 忘年会

鈴木 一彦 (すずき かずひこ)
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)走る税理士・すずき会計代表

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

鈴木 一彦 (すずき かずひこ) さんへ問い合わせ

問い合わせ