節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

人生で5回居城を変えた織田信長から現代に生きる経営者が学ぶこと

人生で5回居城を変えた織田信長から現代に生きる経営者が学ぶこと
 戦国時代の英雄、織田信長はその居城を人生で5回も乗り換えました。他の戦国大名が、居城を不変のものとしていたことから考えれば、これは異例な行動でした。信長の居城乗り換えは、製品志向にこだわり続けるか、市場志向を目指すか、帰路に立たされる現代経営者にも多くの学びを与えてくれます。

織田信長は人生で居城を5回も乗り換えた人物

 戦国時代の英雄を誰か1人あげろと言われれば、多くの人が織田信長(以下:信長)を思い浮かべることでしょう。

 信長は、1582年に起きた本能寺の変で非業の死を遂げましたが、実質的にはその時点で天下人だったと言っても良い人物です。

 彼は、早い段階から伝わったばかりの鉄砲を使いこなし、身分の低い百姓足軽から豊臣秀吉を見出し、更には既得権益を廃して自由取引を認める楽市楽座を開設するなど、いつでも進取の精神を貫きました。

 今で言えば、既成概念に囚われない、やり手のベンチャー企業経営者のような人だったのでしょう。

 もう一つ、彼の行動でこの時代においては、異例なものがあります。

 それは、本拠地となる城を、状況に応じて次々と乗り換えたことです。

 信長は、その人生の中で、居城を以下のように乗り換え続けました。
  • 那古野城:22歳まで⇒父親から譲り受けた城
  • 清洲城:30歳まで⇒尾張平定を実現するまでの城
  • 小牧山城:34歳まで⇒岐阜平定を実現するまでの城
  • 岐阜城:43歳まで⇒室町幕府を終わらせるまでの城
  • 二条城・安土桃山城:49歳まで⇒天下布武を目的とした城
 このように、城主となって以降、信長は5回も自分の居城を変更し続けたのです。

信長はなぜ居城の変更に躊躇が無かったのか?

 他の有力な戦国大名で、これほど自分の居城を変更した人物は、信長以外にありません。

 なぜなら、戦国大名達にとって自分の居城がある国は、戦をするにせよ、何をするにせよ、その資金源として必至の場所だったからです。

 武田信玄は甲斐国の躑躅ヶ崎館、上杉謙信は越後国の春日山城を居城として、戦の度に外征して領地を広げましたが、必ず本拠地に戻り、自らその内政を行いました。

 それでは、信長がどうだったかと言うと、信長は自分が居城を移る度に、元の本拠地を自分の家臣たちに任せて、自らは先述の通り、居城を変え続けました。

 信長が居城を柔軟に変化させ続けられたのは、「一つの領地を支配し続けること」のみに固執せず、常に「天下布武」を目的として行動することを意識していたからにほかなりません。

自社を市場志向で定義することができてるか?
次のページへ >>

2016年11月7日

市場志向 製品志向 マーケティング

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。