節約 社長
弁理士 渡部 仁
弁理士 渡部 仁将星国際特許事務所 所長

ホームページ

誰かが既に取得しているドメインを安く節約して手に入れる方法 (ページ2)

交渉に入った後でドメイン取得者が取った驚きの行動

 このように要望を整理した上で、そのドメインを所有する企業に交渉をしてみることにしました。

 残念なことに、結果として譲っていたくことはできなかったのですが、そのドメインを使っていないのだから、次の更新時期で手放すのではないかと期待し、次の機会を待つことにしました。

 ところが、更新時期に改めて調べて見たところ、そのドメインが更新されていた上に、ドメイン販売サイトを通じて売りに出されていました。

 その価格は、なんと42万円!

 当事務所の要望は、あくまで「ほしい」という要望だけですので、この話は取得コストが効果を上回らないと判断し、ここで終わりとしました。

本当に欲しいドメインは交渉せず更新期間が来るまで待つのも一手

 ドメインが「欲しいから譲って」と言われれば、ドメインの既存取得者には高く売りたくなるという心理が発生します。
 
 従って、既存のドメイン取得者がドメインを使っていない場合は、交渉せずに更新時期まで待つというのも一つの方法です。
 
 ドメインがいつまで有効なのかは、例えば、jpドメインであればこちらのサイトで調べることができます。
 
 参考:WHOISサービス

 他社が持っているドメインをほしいと思った場合、まず、自社の要望をきちんと整理し、取得するための戦略を立てて行動に移すことが重要です。
 
 コストオーバーな価格で買ってしまったり、法的措置をとったりとられたりしてて争いに巻き込まれないように気を付けましょう。

Photo credit: smashmedia via VisualHunt / CC BY

<<前のページへ

2016年11月1日

ドメイン

弁理士 渡部 仁
弁理士 渡部 仁将星国際特許事務所 所長

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

弁理士 渡部 仁 さんへ問い合わせ

問い合わせ