節約 社長
弁理士 渡部 仁
弁理士 渡部 仁将星国際特許事務所 所長

ホームページ

誰かが既に取得しているドメインを安く節約して手に入れる方法

誰かが既に取得しているドメインを安く節約して手に入れる方法
 集客や販促のためにホームページを運営しようとすると、自社の名称や商品名に近いドメインを既に取得されている場合があります。どうすれば、費用をかけずに節約して既存のドメインを取得することができるでしょうか?考えてみましょう。

自社の名称や商品名に近いドメインが他社に取られていた!

 ホームページを運営していらっしゃる方で、他社が持っているドメインをほしいと思った経験はありませんか。
 
 たとえば、自社の名称や商品名に近いドメインが、他社に既に取得されていることが分かったときなどです。

 当事務所の例を元にお話しましょう。

 以前の話ですが、当事務所の名称に近いドメインがあり、調べて見たところ、他社が取得していたものの、そのドメインは使われていませんでした。

 そこで、そのドメインを所有する企業に対し、ドメインを有償で譲っていただけないかと交渉をすることを検討しました。

自社と似たドメインを取得されていた時に弁理士の私が考えたこと

 でも、ちょっと待てよ、と。

  交渉の結果、譲ってもらえれば御の字だが、もし譲ってもらえなかったらどうするのか。

  「ほしい」という気持ちが高まって、高額での買い取りを提示してしまうかもしれない。その場合は、一体いくらまで出すのか。

 相手も色々と気持ちが揺れるだろうから、冷静な今の内に、そこまできちんと検討した上で交渉を開始しようと考えたわけです。

 そこでまず、ドメイン取得に対する当事務所の要望を整理しました。

 当事務所としては、当事務所のサービスにそのドメインを使いたいから「ほしい」という要望がありました。

 次に、譲ってもらえない場合のデメリットは無いかどうかも考えてみました。

 もしそのドメインが別の他社に転売され、他社に使用されることで、当事務所のサービスと混同することはないだろうか。

 しかし、仮に他社がそのドメインを使ったとしても、ドメインの使用だけでは当事務所のサービスと混同することは無いと考えました。
 
 実は当事務所は、当事務所の名称について商標登録を受けています。
 
 そのドメインを使用したWebサイトにおいて、当事務所の名称に近い名称で弁理士業のサービスを提供するようなところまで近づいてきた場合は、商標登録によって使用中止を求めることができます。

 したがって、そのドメイン自体を「守りたい」という要望までは特にないという結論になりました。

交渉に入った後でドメイン取得者が取った驚きの行動
次のページへ >>

2016年11月1日

ドメイン

弁理士 渡部 仁
弁理士 渡部 仁将星国際特許事務所 所長

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

弁理士 渡部 仁 さんへ問い合わせ

問い合わせ