節約 社長
カナリ総合会計事務所
カナリ総合会計事務所

ホームページ

資金に余裕があるなら経営セーフティ共済で節税してみよう

資金に余裕があるなら経営セーフティ共済で節税してみよう
 節税の大前提は「資金繰りに余裕がある」ことです。もし、貴方の会社の資金繰りに余裕があるなら、「経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)」を利用してみませんか?経営セーフティ共済は、売掛金の回収が出来ない際に積立金の10倍まで無利子で貸付を受けられ、同時に毎年一定額に到達するまで、掛金が全額損金となる優れた共済です。

資金に余裕ある企業向け節税対策:経営セーフティ共済

 決算期が近づき、ふと決算書を眺めると多額の利益が出ている…

 皆さんにもこんなご経験があるのではないでしょうか。

 話は本旨から脱線しますが、毎月収支状況を把握しておけば、このような事態は未然に防ぐことができます。

 是非、会計のクラウド化をご検討ください。

 さて、利益の圧縮ですが、私はキャッシュアウトが伴う節税には、慎重派の立場をとっています。

 節税のために資金繰りが苦しくなっては、本末転倒ですからね。

 ということで、節税の大前提として「資金繰りは余裕がある」ということを念頭に置いた上で、本日は、「経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)」というものをご紹介しようと思います。

 経営セーフティ共済とは、毎月いくらかの共済金を積み立てておくと、取引先に倒産などの不測の事態が起こり、売掛金が回収できなくなった際に、積立金の10倍(最大8,000万円)まで無利子で貸付を受けられるというものです。

 返済期間は借入額に応じて5年から7年(据置期間6ヶ月を含む)となっています。

 以下、概要を解説致します。

経営セーフティ共済の概要と気をつけるべき点
次のページへ >>

2016年10月31日

節税 経営セーフティ共済

カナリ総合会計事務所
カナリ総合会計事務所

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。