節約 社長
大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

売上15億で利益が出ていない企業を30億円で買収した事例がM&Aのお手本なワケ

売上15億で利益が出ていない企業を30億円で買収した事例がM&Aのお手本なワケ
 日本の中堅・中小企業を対象とした独立系M&Aアドバイザリー・仲介会社であるM&Aキャピタルパートナーズが、同業のレコフを買収すると報道されています。ところがレコフの売上は約15億強で利益もほぼ出ておらず、この買収にM&Aキャピタルパートナーズは30億円を費やしました。それでもこの事例がM&Aのお手本と言える理由を解説します。

M&Aキャピタルパートナーズがレコフを買収

 日本の中堅・中小企業を対象とした独立系M&Aアドバイザリー・仲介会社であるM&Aキャピタルパートナーズが、同業のレコフを買収すると報道されています。

 概要については、以下の日経新聞のリンクによると、以下のとおりです。

 参照:M&A仲介のレコフ、M&Aキャピタル傘下に :日経新聞2016年10月24日
  • ・M&Aキャピタルパートナーズが、レコフ、その関係会社のレコフデータの100%議決権を約30億円(増資含む)で買収する。
  • ・2016年3月期の売上高はレコフが14億2911万円で、レコフデータが1億7215万円。
 これ…キターーーーーーとか言いたいです。場違いでスミマセン。

 というのも、今回のM&Aは非常に理想的な形で行われたものです。

 その理由をご説明しましょう。

M&Aキャピタルパートナーズはなぜ赤字企業を30億円で買収したのか?

 対象会社2社の業績は記事だけですと不明でしたので、M&Aキャピタルパートナーズのリリースから引用しておきます。

 2016年3月期の売上高は、レコフが14億2911万円で、レコフデータが1億7215万円であり、最終利益は2社あわせてほとんど出ていません。

 参照:株式会社レコフ及び株式会社レコフデータとの経営統合及び資金調達に関するお知らせ

 売上15億円の利益が出ていない企業を30億円で買収する。

 皆さんの頭には??がたくさん浮かんでいるかもしれません。

 特に弁護士、会計士などの専門家の多くは懐疑的な目をむけるでしょう。もちろん成功するかどうかはやってみないと分かりません。

 しかし、私は2つの理由でこの買収を素晴らしいと評価します。

 1つ目は、レコフの実績です。

 レコフは日本のM&Aアドバイザリーサービスの老舗で、大手企業と長い付き合いがあり、また信用力が抜群です。

 2つ目として、それにしても買収金額が高いのではないか、という懸念もあります。

 しかし、買い手であるM&Aキャピタルパートナーズは手元のキャッシュが40億円以上あるため、借入れをすることなく30億円の支払いが可能です。

 しかも、純資産が30億円あり、万一、この買収によって1円も稼げず30億円がパーになったとしても、会社が潰れるようなことはありません。

 企業の財務状況に鑑みても、今のタイミングだからこそできたM&Aなのです。

M&Aキャピタルパートナーズはレコフの看板を手に入れた

 M&Aはタイミングと、万一、失敗したときにそれだけで会社が傾かないことが、とても大切だと思っています。

 しかも老舗のノウハウと看板を手に入れられる、またとないチャンスだったはずです。

 思いきった策をとったM&Aキャピタルパートナーズに拍手を送ります。

 M&Aを自社でやっていこうとされる企業の皆様にとって、参考にしていただきたい事例の1つといってよいでしょう。

2016年10月27日

M&A M&Aキャピタルパートナーズ レコフ 買収

大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

大原達朗 さんへ問い合わせ

問い合わせ