節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

非正規労働者の正社員化を支援するキャリアアップ助成金とは?

非正規労働者の正社員化を支援するキャリアアップ助成金とは?
 非正規労働者と正規労働者の間では、賃金や社会保証にかなりの格差があります。キャリアアップ助成金は、両者間の格差を是正する目的、もしくは正社員化を促進する目的を持ち、非正規労働者を正規労働者へ転換する取り組みを行っている事業者に対して支給される助成金です。本稿ではキャリアアップ助成金の概要を説明します。

非正規労働者の正社員化を後押しするキャリアアップ助成金

  「あのパートさん、本当によく働くんだよなぁ。もしかすると、正社員にしたらもっと働いてくれるかもしれない。」

 このようなケースが存在した場合に、非正規労働者を対象に正社員になることを後押しする形で利用できる助成金が存在します。

 それはキャリアアップ助成金です。

 非正規労働者と正規労働者の間では、賃金や社会保証にかなりの格差があります。

 キャリアアップ助成金は、両者間の格差を是正する目的、もしくは正社員化を促進する目的を持ち、非正規労働者を正規労働者へ転換する取り組みを行っている事業者に対して支給される助成金です。

キャリアアップ助成金で用意される3つのコース

 キャリアアップ助成金は3つのコースに分かれており、コースに応じて対象となるケース、支給額が異なり、企業の取り組みに応じて受けられる助成金コースが大きく変わる特徴を持ちます。

 1つ目のコースは正社員化コースです。

 非正規労働者を対象に正規労働者、またそれに近い形での働きをする労働者へ切り替えた場合に発生する助成金で、1人当たり最大60万円が支給されることになります。

 非正規雇用でも、期限が決まった有期から期限の決まっていない無期に置き換える場合や、職務を限定した正社員に置き換える場合などケースによって支給額が変わるのも特徴です。

 2つ目のコースは、人材育成コースです。OJTによる職業訓練などを通して人材育成を行い、将来的な正社員を目指すというものです。

 3つ目のコースは処遇改善コースとなっており、賃金格差を埋めることを目的としています。有期契約労働者等の賃金テーブル等を増額改定した場合に、全員なのか一部なのかで額は変わりますが、1人あたり数万円の支給を受けることが可能です。(金額は年度によって変化があります。)

母子家庭などの労働者を正社員雇用すると更に支給額が加算される

 正規雇用に切り替える取り組みは派遣労働者もその対象となっており、派遣労働者が直接派遣先で正規雇用契約を結んだ場合には、先ほどの60万円に30万円を加算した金額が支給されます。

 仮に労働者が母子家庭、もしくは父子家庭の母、父だった場合にはこれにまた10万円が加算され、最大100万円が支給されることになります。

 最大100万円もらえるのは中小企業のみであり、大企業の場合は最大85万円となります。

 もしも頑張っているけれど、採用に踏み切れない時は、こうした取り組みを通じて、非正規労働者から正規労働者に変えることに踏み切ってみませんか?

2016年10月17日

正社員化コース 人材育成コース 処遇改善コース キャリアアップ助成金

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。