節約 社長
宇田 和志
宇田 和志ブログのかお(ユーチューバー)

ホームページ

ツイッターでの新規顧客獲得が中小企業にとって難しい理由

ツイッターでの新規顧客獲得が中小企業にとって難しい理由
 貴方の会社でも、何年か前に会社でツイッターアカウント作ったけれど、もう3〜4年更新していないという現状が存在しませんか?もしかすると新規顧客開拓がツイッターで可能かもしれない?当初はそう考えたはずが途中で諦めた方は多いことでしょう。果たしてツイッターはビジネス用途で使えないツールなのでしょうか?

ツイッターアカウントはあるけれど使ってない

 何年か前に会社でツイッターアカウント作ったけれど、もう3〜4年更新していないという会社はかなり多くあります。

 中小企業がツイッターを利用して集客するのは、なぜ難しいのでしょうか?

 最初の大前提として、ここでいう集客とは「新規顧客の獲得」です。

 そこで本日は、
  • ツイッターユーザーがツイッターを利用する理由
  • ツイッターを新規顧客開拓で利用するのが難しい理由
  • 果たしてツイッターをビジネスで利用することは可能か?
 これら3点について考えてみたいと思います。

ツイッターユーザーがツイッターを使う理由

 まず、「ツイッターユーザーがツイッターを使う理由」を3つ提示したいと思います。

1)プライベートのコミュニケーションツール


 多くのツイッターユーザーは、ツイッターを利用する時に、儲けてやろうなどという、ビジネス用途の概念を持っていません。

 自分の趣味・娯楽として、遊びのためにツイッターを利用する人が殆どです。

 若い人達の間では、友人間のコミュニケーションツールとして利用する人達も多くなっています。

2)本当に面白い、本当に役に立つ人をフォローするため


 ツイッターを利用する用途は、ほとんどの場合は遊びです。

 そのためユーザーは、自分の趣味・娯楽情報を提供してくれる人や、役に立つ情報を提供してくれる人しかフォローしません。

3)ファンとして有名人・芸能人に興味がある


 日本人のツイッターアカウントにおいて、フォロワーランキングの1位から5位までは全て芸能人です。

 1位の有吉弘行さん、2位のきゃりーぱみゅぱみゅさん、3位のダウンタウンの松本人志さんは、日本では知らない人のほうが少ないほど有名な方達です。(2016年7月29日現在)

 多くのツイッターユーザーは、ファンとして彼等の情報を求めているのです。

ツイッターを新規顧客開拓で利用するのが難しい理由

 ツイッターユーザーがツイッターを利用する目的について考えると、ツイッターが新規顧客開拓で利用困難な理由が見えてきます。
 

1)役に立つ情報をツイートする必要がある


 大前提として、ビジネス用途でツイッターを利用するなら、私達は役に立つツイートをしなければなりません。

 タイムライン上でクリックされる文字数は140文字以内であり、この中で役に立つ情報をコンスタントに出し続けるには、文章力とセンスが問われます。

2)ツイッターは検索エンジンに乗らない。


 ツイッターの膨大なつぶやき情報は、原則的に検索エンジン(ヤフーやグーグル)に表示されません。

 つまり、新規顧客をツイッターで獲得しようとした場合は、ツイッターの中でしか顧客を集められないのです。

3)相互フォローされても売り込まれるだけ


 ツイッターには、相互フォローという習慣があります。フォローしてくれた人に対して、お礼としてフォロー仕返す行動です。

 実はこの行動には、全く意味がありません。

 確かに500人フォローしてもらえれば、500人に宣伝することができると考える事も可能かもしれません。

 しかし大抵の場合、相互フォローを目的とする人は、ビジネスアカウント、ビジネス用途でツイッターを利用しています。

 フォローし合ったたところで、私達の情報を参考に見てくれることは殆どありません。

 顧客にはなり得ず、むしろ商品を売りつけられることのほうが多いでしょう。

果たしてツイッターをビジネスで利用することは可能か?

 ここまで見ていただくと、果たしてツイッターをビジネスで利用することは可能か?という疑問が生まれます。

 この点については、ツイッターで多くのフォロワーを持っている人達が参考になります。

 ツイッターを利用する場合は、もう一つのメディアを持つことが私達には求められています。

 有吉弘行さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、松本人志さんは、皆共通して「テレビ」というメディア媒体を持っています。

 ツイッターだけで、興味を持ってもらえることは、彼等ですらあり得ません。

 私達の場合はまず、ホームページ、ブログ、ユーチューブなどのメディアで、ファンを増やすことから、新規顧客の開拓を始める必要があります。

 その後に、「ユーチューブで言えないオフレコ情報や、他では話せないブラックなことをツイートしますよ」とお伝えし、ファンの方々が更にコアなファンとなるためのツールとしてツイッターを利用する必要があるのです。

 このようにツイッターは、ファンをつけたうえでツイッターを利用して、はじめて集客のツールとなります。

Photo credit: shawncampbell via VisualHunt.com / CC BY


 

2016年8月2日

ツイッター ツイッターアカウント 法人

宇田 和志
宇田 和志ブログのかお(ユーチューバー)

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。