節約 社長
林労務経営サポート
林労務経営サポート

ホームページ

頭ごなしに「給料の3倍稼げ!」と言っても社員は理解できない

頭ごなしに「給料の3倍稼げ!」と言っても社員は理解できない
 上司や経営者はよく「給料の3倍稼げ!」と社員たちに発破をかけますが、当座の社員たちは多くの場合、上の人間が何を言っているのか、全く理解していません。なぜならば、「給料の3倍稼がねばならぬ理由」を具体的に理解していないからです。どうすれば、社員たちはこの言葉を自分事として動くようになってくれるのでしょうか?

給料の3倍稼げと言われても理解できない社員

 今日は、なかなか過激なタイトルを付けてみましたが、「給料の3倍稼げ!」って、これ色んな人から結構聞く言葉ですよね。

 社員さんであれば、もしかしたら、上司や社長に言われたことのある方も多いのでは??

 と言うのも・・・私自身がサラリーマン時代に言われたことが何回もありました。

 その時の私の感想はというと、

  「相変わらず精神論だなぁ~何の根拠が有って言ってるの??」

 というくらいのもで、経営者にしてみると「何て生意気なヤツだ!」と言いたくなるのは、今ならわかります。

 でも、皆様の周りにもそんな社員さんっていらっしゃいませんか?

 なぜ「給料の3倍稼げ!!」という言葉が、社員に響かない場合があるかを、今日は考えてみたいと思います。

お金の流れを理解できないと「3倍稼げ!!」の意味はわからない

 生意気な社員でも、ちゃんと稼いでくれればいいんですけど、ちなみに私はしっかりと稼いでませんでした…(今は違いますよ!)

 もう本当にダメ社員だったわけですが、一つだけあの当時の上司にアドバイスするとすれば、意味が分からずに人間が動くわけがないということです。

 私にそう言った上司も、明確に意味を説明できたのか??というと甚だ疑問です。

 でも、「給料の3倍稼げ!!」という言葉には、実は根拠が存在します。

 特に営業マン等の直接売上に貢献する社員は、とてもではありませんが、3倍では足りません。

 経営者でも、ましてや一般社員でも、どうしても売上にばかり目が行ってしまうものですが、3倍稼がねばならない根拠は、しっかりと会社のお金の流れを理解してもらえば分かります。

会社のお金の流れを簡単に説明してみよう

 まず、会社のお金の流れを理解すると、社員のお給料は粗利からしか払えないのがよく分かります。

 粗利とは、売上から変動費を引いて出てきた数字です。

 変動費とは、売上に応じて上がったり下がったりする費用で、スーパーなどの業態で言えば商品の仕入れ費用、運送業の場合はガソリン代でしょうか。

 いくら売上が上がっても、安易に値下げばかりしていると、いつまでたっても粗利や利益は伸びません。

 それどころか、売れば売るほど赤字にまっしぐらの状態となる場合もあります。

 粗利から変動費と固定費(人件費やその他の費用、家賃や交通費、教育費等々)を引いて、初めて会社の利益は生まれます。

  売上ー(変動費+固定費)+利益≒人件費×3

 殆どの会社で、この等式が成り立つからこそ、「給料の3倍稼げ!!」という言葉が生まれるのです。

「ノルマは売上」「欲しいのは利益」では社員の腑に落ちるはずがない

 「今月はノルマの売上達成したぞ!!」という声は聞いたことがありますが、「今月はノルマの利益達成したぞ!!」という声はあまり聞いたことがありません。

 一方で、経営者の方に聞いてみると、皆様「売上より利益が大事だ!!」というんですが、ノルマは売上で出しています。

 大きな矛盾を感じませんか?

 営業マン等は、当然売上に直接貢献しない社員の分も稼がないといけませんから、実は「給料の3倍程度で満足されても困る」わけです

 場合によっては「6倍~7倍」必要なビジネスモデルもあることでしょう。

 こういった事を、根拠を持って社員にしっかりと説明することが、彼らに納得して動いてもらうために大切です。

 会社のお金の流れを知らないと、社員が納得して働いてくれることは、まずありません。

 マネーリテラシーを、社員にもきちんと身につけてもらうことによって、全員参加型経営を実現しましょう!

2016年7月26日

人件費 給与 変動費 全員参加型経営

林労務経営サポート
林労務経営サポート

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。